大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。

ろけねおです。

 

挨拶と今年の抱負などはこちらに書きました。

www.loca-neo.com

www.loca-neo.com

同じ人が書いてますから、同じ内容になりますので、改めて特に書くことはないのですが、少しだけ特撮関連で今年楽しみにしていることを書きます。

新戦隊は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』

www.cinematoday.jp

特撮ファンの皆さんはもう御存知でしょうね、今年の3月から始まる新しいスーパー戦隊は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』と決まりました。ビジュアルはなかなかかっこいい感じに仕上がっているのですが、名前がしっくり来ません。

 

まず「騎士竜」という言葉です。これついつい「竜騎士」と読んでしまいます。

最近のは全然やってませんけど、昔はファイナルファンタジーをやってたのでつい「竜騎士」と読んでしまいます。来年の今頃には「騎士竜」のほうが普通になっているのでしょうか。

 

そして名前のほうも「リュウソウジャー」というのも、なんとなしに語呂が悪いように思えてしまいます。感じで書くと「竜操者」とか書くのでしょうか。名前だけを見ますと、最初はそれこそファイナルファンタジーや仮面ライダーウィザードなんかに出てくるドラゴンを味方にして戦う戦隊かな〜と思ってました。

ところがどっこい恐竜でした。これじゃ『獣電戦隊キョウリュウジャー』と一緒じゃないか、と。

しかも5人の色合いも『キョウリュウジャー』と同じです。韓国版の『キョウリュウジャー』も作られたくらいだから、

www.toei.co.jp

もしかしたら『キョウリュウジャー』は大変人気のある作品で、ネタも切れたし、それにあやかって『キョウリュウジャー2』みたいな感じで制作されるのかな〜なんて思ったり、

www.cinematoday.jp

キョウリュウピンクやってた人が引退してしまいましたから、もうこれ以上オリジナルキャストで『キョウリュウジャー』を作ることができないということで、新たな『キョウリュウジャー』を作ることにしたんじゃないか、とか考えてしまいました。

 

どうなるんでしょうね。楽しみです。

仮面ライダーの夏の映画はどうなるのだろう

この冬のライダー映画は佐藤健くんの出演により大ヒットになりました。平成ライダーが勢揃いしたことよりも、佐藤健くんが出演することを公式が発表する前にマスコミが発表したということで、そちらに話題が集中してしまった気がします。

 

そうなると、夏のライダー映画は誰が出てくるのか、が気になるところです。夏には新元号になっているので、派手にやって欲しいところです。

 

個人的にはやはり我らが響鬼さんの登場です。家電俳優のあの人です。出来ればAVソムリエになってた威吹鬼さんにも出て欲しいところです。

togetter.com

そういえば、一番くじで見事威吹鬼さんを引き当てました。でも、響鬼さんはまだです。どうにかして手に入れる所存です。

bpnavi.jp

冴島家シリーズの映画

ついに大好きな冴島家シリーズの牙狼が帰ってきます。『月虹ノ旅人』というタイトルが付いていること以外はさっぱりわからないのですが、

garo-project.jp

2019年いちばんの楽しみはこれです。

 

次いこの前までやっていた『神ノ牙-JINGA-』はまだ感想が全然書ききれていませんが、全話観ました。やっぱりこっちの牙狼シリーズは僕にはフィットしないな〜と確認できました。妻はこっちもそこそこ好きなようで、近い内舞台版の『神ノ牙』も観に行くそうです。

GIN GAN EN »銀岩塩vol.3

今年公開であることしかわかっていないので、今年のいつごろなのかもわかってません。最新情報随時紹介とありますが、いつになるんでしょうか。

 

冴島家シリーズの集大成みたいな話にして欲しいです。そろそろ雷牙のお父さんの鋼牙をやってる小西遼生さんがアラフォーなので、そろそろアクションもしんどくなるんじゃないかと心配です。牙狼は鎧召喚前のアクションもかなりあるので、動ける役者さんでないと演じられないので、動けるうちにせめて鋼牙の話は終わらせて欲しいです。

 

ということで、今年も特撮をしっかり楽しんでまいりますので、どうか一つ宜しくお願い致します。

 

それではまた来週。