大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『CAT'S EYE』感想

変身!ろけねおで〜す!

 

シティーハンターが映画になりますね。

www.animatetimes.com

そこにキャッツアイも登場するということで、ずいぶんと懐かしいものがてんこ盛りだな〜と微笑みました。さらに主題歌もまた人気が出そうな雰囲気です。

nlab.itmedia.co.jp

でも、僕は流行っている当時、ほとんど観てませんでした。『シティーハンター』も『キャッツアイ』も両方週刊少年ジャンプに連載されていたのですが、北条司さんの描く女性がどうにも好きになれなくて、マンガはほとんど読まず、アニメもほぼ観てません。概要は知ってますけど、どんなストーリーだったかまでは全くです。

 

TMネットワークも『Self Control』しか知らないので、

「Get Wild」にもピンときてないのです。

 

そんな僕ですが、『キャッツアイ』に実写版があるというのを突然思い出しまして、あれは特撮だな〜と思って、以前観たけど全く思い出せないので再び観ることにしたのでした。

キャットウーマンで良いんじゃないでしょうか

生粋の原作漫画ファンの方はどう思ったかは知りませんが、キャスティングに関しては数あるマンガの実写映画の中ではかなりいい線いっているように思いました。3姉妹それぞれ方向性の違う美女ということで、いかなる男性ファンをも虜にできる構成になっているところはきっとマンガと同じでしょう。

 

個人的には今の内田有紀さんのほうが好みです。当時のボーイッシュな内田さんは全然タイプではありませんでした。

確か原作マンガの主人公は次女の瞳だったように思いますが、この映画では三女の愛になっているところがちょっと違います。きっとこの当時、内田有紀さんがアイドル的人気だったからこうなったんじゃないかと思います。僕的にはそれも大した問題じゃありません。

 

また、キャッツアイの面々がコスチュームがレオタードではなくボンテージ風味でキャットウーマン的なこともマンガとは違います。

ここまでコスチュームが違うと「どこがキャッツアイやねん!」と突っ込む方もたくさんおられるでしょうが、そもそも泥棒するのにレオタードでかけるほうがどうかしてますし、警察と戦闘になった場合を考えると、ダンスをするための服より戦闘しやすい服のほうが合理的です。

 

それにキャッツアイと自ら名乗ってはいますが、レオタードのお姉ちゃんたちを見て、「あ、キャッツアイだ」とはなりにくいです。見るからに猫のカッコをしているほうがむしろ「キャッツアイ」です。

 

キャットウーマンでむしろ良かったんじゃないかと思いました。

メカや敵もなかなか良いんじゃないでしょうか

ハイテク機器なんだろうけどデザインはレトロ感というのもまた僕の好みです。

TOFFYのコーヒーメーカーとか

recolteのグリル鍋とか

Aladdinのトースターとかと同じ感じに見えました。

 

とにかくスタイリッシュな出で立ちで絵画や美術品を盗むということを貫いています。ただ、盗み方だけはあんまりスタイリッシュでも、スマートでもないところが、この映画にもっさり感を漂わせている原因に思えます。

ちょっとストーリーが雑でした

たぶん、藤原紀香さんと、稲森いずみさんと、内田有紀さんで映画が撮りさえすれば、内容はトンチンカンでもそこそこお客さんは入るに違いないという目論見がにじみ出たストーリーになっています。

filmarks.com

こちらでもなかなかの低評価ですが、ストーリーに関してはさすがの僕も擁護のしようがありませんでした。昔、そこそこ楽しめた映画『ZIPANG』の林海象さんが監督だということで、

filmarks.com

もうちょっと何とかなっているのかと思いましたが、グダグダでしたね。

 

とはいえ、結構楽しかったです。YouTubeで観れましたので。

猛烈にヒマでヒマでどうしようもないときにでもご覧ください。気楽に観られます。

 

それではまた。

サンキュー!