大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

映画『ガッチャマン』感想

実はアニメのガッチャマンをほとんど観たことがない、ろけねおです。

こんばんは!

 

そういう状態で久しぶりに『ガッチャマン』を観ました。

ダメな特撮映画として有名ですが、僕は以前劇場で観まして、世間の皆さまやガッチャマンファンが言うほど、酷いものではなかったというような感想ではなかったかな、と思いながらの鑑賞でした。

 

僕がそんなに元の『ガッチャマン』を知らないというのもあるんでしょうけども、元々がアニメであるならば、せめてビジュアルだけでもアニメにしっかり沿った上でのスタイリッシュさというのを追求してもらいたかったと思います。

 

ビジュアル面や基本設定だけでもしっかり元ネタに沿っておけば、後は少々脚本がアホでも、ここまでアニメを再現してくれたんだから、許してやろうという気にもなるんじゃないかと思うのです。

 

ところがなぜかアニメやマンガを原作にした実写アニメを制作する人たちは、その変えちゃいけない唯一の要素にメスを入れたがる傾向があるように思います。自分ならもっとカッコいいデザインに出来るのにと思いながら、制作を目論むんでしょうか。

loca-neo.hatenablog.com

同じタツノコプロのアニメで言えば、『破裏拳ポリマー』もそうでした。唯一ポリマーの正体知っている犬(セントバーナードの男爵)がいない時点でアウトでした。犬だけがポリマーの正体を知っているところがこの物語の面白さを際立たせていることに、どうして製作者は気が付かなかったのだろうと思いました。

白鳥のなのになぜ黒と紫

さて映画『ガッチャマン』のミステイクは白鳥のジュンが白くないことです。

ご覧のようにアニメの白鳥のジュンは白ベースにピンクで構成されたコスチュームです。女性の戦士特有の可愛らしさと美しさとしなやかさが表現された見事なデザインです。 

 

ところがこの実写の白鳥のジュンはなぜか黒ベースに紫という色使いになっています。これのどの辺が「白鳥」なのよ?と『ガッチャマン』をあまり知らない僕ですら、キョトンとしてしまいました。

 

デザインした人、白鳥知らんの?と。

これですよ、これ。

 

この時点でこの映画はヤバいぞとなるのです。

 

例えば、ゴレンジャーをリメイクしますということになってですよ、モモレンジャーと名乗っているのに、色が紫だったら違和感しかないでしょ?現場の人はこのカンタンなことに誰も異を唱えなかったのでしょうか?

爆弾処理できない?

とにかく白鳥のジュンさえしっかりしていれば、もうちょっとマシになったと思える映画に仕上がっているので、当時、演じた剛力彩芽さんもずいぶん叩かれたようですが、

www.cyzowoman.com

彼女だけのせいでは決してないと断言できます。

 

そもそもアニメの設定はこうなっています。

科学忍者隊ガッチャマン - Wikipedia

アメリカ人と日本人のハーフ。(中略)美少女。(中略)爆弾のプロでもある。

驚くべきことに、このキャラクターの中核をなす設定が何一つ反映されていないのですから、困ってしまいます。スケジュールの都合のつくハーフがいなかった、スケジュールの都合のつく美少女もいなかったとしても、爆弾のプロだけは設定できたはず。

 

なのに、この映画のジュンは爆弾処理すら出来ないのです。一体誰なんだ?となるでしょう。白鳥のジュンのコスプレもしない、爆弾処理もしない。

 

これじゃ、ただの剛力彩芽じゃないか。おい、女優やろ、演じろ!となってしまうのも仕方がないことです。

ベルク・カッツェが貧乳

ここからは僕の趣味の問題です。

 

『ガッチャマン』の悪役といえば、ベルク・カッツェですね。

ゴリゴリのオッサンですが、なぜかこの映画では女性になっちゃってます。

 

ストーリー上、ベルク・カッツェが女性であることのほうが都合が良かったのは仕方がないとしても、あんなセクシーなベルク・カッツェのデザインにするのなら、ガッツリ胸元が開いたデザインにするならば、なぜ、おっぱいの大きい女優さんをキャスティングしなかったのか。

 

これだけがず〜っと引っかかってました。

 

そもそもベルク・カッツェのデザインに沿ったものなら、別におっぱいが小さかろうが関係なかったんですが、わざわざ胸元がパカッと開いてあるわけです。それは谷間を見せて、セクシーさをアピールするためでしょう。

 

同じようなデザインで、これまたタツノコプロのアニメでは、『ヤッターマン』のドロンジョというキャラクターがいます。

こちらアニメではこのような感じです。セクシーです。これを実写化するにあたって誰が演じたかと言いますと、ご存知深田恭子さんでした。

xn--ick3b8eycw91sly5abn8ai5cf57b.com

完璧です。

 

なぜ、これと同じことが『ガッチャマン』では出来なかったのか。ベルク・カッツェがやりたいおっぱいの大きい女優さんなんていくらでもいただろうに。それが用意できないなら、通常通りオッサンにやってもらうか、胸元を開けないデザインにすればよかったのに、と無駄にガッカリさせるわけです。

 

ベルク・カッツェを演じた女優さんはなんにも悪くないのに、ガッカリさせてしまうのですから、製作者は罪です。

 

観終わって考えてみれば、女性のキャスティング問題に批判が終始してしまいました。

 

シンケンレッドとスパイダーオルフェノクとウルトラマンジードと変態仮面の豪華なガッチャマンなのに、もったいないです。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング