大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

映画『いぬやしき』感想

マンガをあんまり読まない、ろけねおです。

こんにちは!

 

公開時に映画館に観に行こうかどうか迷いながらやめた『いぬやしき』をついに観ました。

妻がマンガ好きで、この映画の原作漫画である『いぬやしき』も読んでて面白いと聞いてはいたのですが、

結局読まずじまいでした。『GANTZ』の人が書いたということですし、ガッカリすることはないと思っていたのに読まずじまいでした。なんでだろ。

 

そこでちょうど映画が公開になる前にアニメがあったので観ました。

普段はマンガは読むけど、アニメは観ないのにどうしたことでしょう。

 

観てみると、噂に違わぬ面白さに驚愕。アニメでこんなに面白がれたら、こりゃ映画はスベるな〜と思ってしまい劇場に足を運ばなかった次第です。

 

そして、その判断は間違ってなかったようでもあり、間違っていたようでもあるという感想を胸に抱えながら、これを書いている次第です。

キャスティングが甘い

マンガの実写映画化というのは、キャスティングが9割だと思っています。いかにマンガのキャラクターに俳優さんのルックスやイメージを近づけられるかでほぼ決まります。

 

なぜなら、映画を観に来る大半は原作ファン(多分)だからです。どこまで映画製作者たちが、自分たちの愛したマンガを愛しているのか、それを確認しに行くのです。だから、後にクソ映画だと罵られることになってしまった実写映画でも、そこそこ人が入るのです。クソ映画でも人が入っちゃうから、また実写化されるのです。 

loca-neo.hatenablog.com

さてこの『いぬやしき』もまた、キャスティングが甘かったです。

 

主人公の犬屋敷壱郎に木梨憲武さん、ヴィランの獅子神皓に佐藤健くんが配されていますが、どちらもしっくり来ません。ただ、原作マンガ(僕の場合はアニメですが)を知らなけりゃ、特に問題ないでしょう。

 

どうしてアニメ版で犬屋敷壱郎の声を担当した小日向文世さんをキャスティングしなかったのでしょうか。

小日向文世 - Wikipedia

アニメ版で育った僕ならば、1番しっくり来ていたと思います。

 

犬屋敷壱郎というのは年のわりにはヨボヨボなのです。それがピチピチの高校生である獅子神皓と戦うから面白いのです。見た目は雲泥の差があるのですが、中身は同じスペックというのが面白いのです。

 

しかし、木梨さんは普通のおっさんよりデカい(身長177cm)し、ヨボヨボでもありません。小柄でおじいちゃんに見える58歳という設定が何一つ生かされていません。

 

更に困ったことにピチピチの高校生であるはずの獅子神皓もまた、とても高校生には見えない健くん(30歳)が演じているのも困ります。獅子神皓は若さゆえに間違いを犯してしまうのに、もうどう見ても分別のつく年齢であるようにしか見えない人を配してしまっては、困惑するし、健くんがアホに見えてしまいます。

loca-neo.hatenablog.com

『平成ジェネレーションズFOREVER』に出てきたウラタロスが憑依した野上良太郎(を演じていた佐藤健くん)はすっかり大人の男の魅力がプンプンしていたのに、高校生と言われてもしんどいのです。

 

主要キャスティングがスベってしまうと、かなりキツいです。

 

でも、犬のはな子はかわいい。このキャスティングだけは認めます。

物語が浅い

全10巻のマンガをどう2時間ほどに圧縮するのか。キャスティングがスベった以上、ここにかけるしかありません。 どこをはしょるのか。どこだったらはよってもいいのか。そこにこの映画を制作した人々の、このマンガに対する愛情がどれほどのものなのかが現れてくるのです。

 

結果、それは失敗に終わってしまってます。やはり2時間ではどうしようもなかったのです。

 

この物語で絶対に描かなくてはならないことの一つに、犬屋敷壱郎という男の生きざまです。これを最後まで描ききれていないのだから話になりません。

 

アニメでは最後になんだかんだあって自爆して、家族どころか地球をも守ってしまうわけです。ヨボヨボの老人が最終的に地球を救うから良いのに、その地球を救うシーンがありません。娘以外の家族は彼の活躍を知る由もないのです。最後まで犬屋敷壱郎は救われないまま終わるのです。

 

こんなアホな終わり方はないのです。

獅子神が浅い

主人公も描かれてないのに、ヴィランが描かれるはずもありません。獅子神皓が最後まで悪人として描かれてしまっているのです。これもまた、この映画をどうしようもなくダメなものにしてしまっています。

 

アニメ版でも確かに悪人ではあるのですが、最後の最後でやっと改心したような感じになりました。自分の周りの人間だけを守ろうとしていただけなのに、結果的に周りの人間をどんどん不幸にしてしまうのです。

 

若いときの視野の狭さというのか、いや、つまり「若さ」ですかね、それが色濃く描かれ、たくさんの人を犠牲にした果てにやっと自分の罪の重さに気づくところが良いのです。

 

肝心な部分が何も描かれず、ただ新宿の街を舞台にドンパチやらかすだけのアホな映画になってしまっているのです。

 

実に残念でした。

 

ただ、こう思えたのは、アニメを見直してからのことでした。どんな内容だったかスッカリ忘れてしまっていた状態でこの映画を観終えましたので、その時は大量殺人を犯した獅子神皓を犬屋敷壱郎が倒したヒーロー映画と捉えて、それなり楽しんでしまいました。

 

原作を知らなければ楽しめていたのです。原作のほうが物語として深みがあるので、原作を知ってしまうと映画は物凄く浅い映画に思えてしまうのでした。これが観に行かないという判断したことが間違ってなかったようでもあり、間違っていたようでもあるという感想になったのは、そういうことなのです。

 

マンガの実写映画化は難しい。

 

ちなみに→Amazonプライム←なら実写もアニメも観られます。

 

それではまた来週。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村