大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダーアマゾンズ 』シーズン2 感想

変身!

こんにちは、ろけねおです!

 

今回は2017年7月29日に兄弟ブログ『全てはプロレスである!』に書いたものに、追加・修正をしたものです。よろしくお願い致します。

 

今僕が充実したアマゾンプライム会員ライフを楽しめているのは、ひとえに『仮面ライダーアマゾンズ』がAmazonプライム会員じゃないと観れなかったからです。

『仮面ライダーアマゾンズ』がこの世になかったら、きっと『孤独のグルメ』も観てないし、

Amazonファイヤースティックを購入することもなかったわけですから、

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

よくぞ『仮面ライダーアマゾンズ』を放送してくれたものだと感謝してもしきれないわけです。

 

そんな人生を変えた『仮面ライダーアマゾンズ』のシーズン2が終わってずいぶん経ちましたが、ついに観れました。

今回は感染モノである

アマゾンとは、とある製薬会社が作った細胞で、それを培養して人間くらいのサイズになると人間のような姿になるわけです。でも、餌が人間なんです。なのでお腹が減るとバケモノに変身して人を食べるわけです。

 

それが施設内の話だったら良かったんですが、事故で4000体ものアマゾンが野に放たれたのです。それを駆除する人と、駆除するために自分にアマゾン細胞を移植した人(アマゾン・アルファ)と

※こちらがアマゾン・アルファです。

アマゾン細胞に人の遺伝子を移植して育った人(アマゾン・オメガ)と

※こちらがアマゾン・オメガです。

グチャグチャになる物語がシーズン1でした。

 

結局シーズン1では全てのアマゾンを駆除することができなかったので、シーズン2に突入するのですが、今度は感染するアマゾン細胞が出てくるのです。

matome.naver.jp

こういうような映画と同じようなものと考えていただくとわかりやすいかと思います。また、人を食べるということでゾンビ系の映画の要素も入っていますので、ちょっぴり残酷なシーンも含まれております。

 

とある会社のウォーターサーバの水を飲んでしまった人が次々とアマゾンになってしまい、食事に人を食べるわけです。もうムチャクチャです。

 

人に感染することがなかったアマゾン細胞がなぜ感染するようになってしまったのか、感染源はなんなのか、という謎が少しずつ解き明かされる展開になっています。

主人公のお父さんが元凶

シーズン2の主人公は最初のうちはなんでアマゾンに変身してしまうのかよくわからなかったのですが、途中でアマゾン・アルファと人間の間に生まれたアマゾンであることがわかります。

 

ドラゴンボールでもそうでしたけども、普通の人とそうでない人の子供というのはそうでない人よりも能力がアップして生まれてきます。このアマゾン(アマゾン・ネオ)もまたそうなのです。

※こちらがアマゾン・ネオです。

普通のアマゾンを駆除する時には、そこそこ有効だった機関銃の攻撃が全く通用しない(鎧のところに弾丸が当たって弾き返しているのではなく、いろんなところに弾丸を食らっているのにケロッとしている。というか当たってもすぐ治る。)くらい恐ろしくタフなアマゾンでした。 

 

アマゾン・アルファの人はアマゾン細胞の開発者の一人でもあったので、自分で駆除しようと思って、アマゾンに対抗するためにアマゾン細胞を自分に移植して、アマゾンを倒しまくっていたのですが、結局新型の恐ろしく強いアマゾンを再び作ってしまったのです。

 

まさに元凶。

 

こうなったらアマゾン・オメガが子作りしちゃったらどんなアマゾンが生まれてくるんだろうと少しワクワクしますが、そんな展開にはなりませんでした。

これはシーズン3もあるな・・・

結局、ウヤムヤのまま終わってしまって、アマゾン・ネオがどうなったのかは描かれてません。一応、倒しに行ったアルファとオメガはネオを倒したと言ってはいましたが倒されたシーンがありませんでしたので、生きてる可能性大です。

 

しかもシーズン1で人間の死体にアマゾン細胞を移植してアマゾン・シグマというのを作ったオッサンが、まだアマゾンが完全に駆除されたわけじゃないから新たなシグマ計画を進めないとイカンなんていいだしてるところからも、これはもうシーズン3あるでしょう。

 

こういうオチ、あんまり好きじゃないです。シーズン2はシーズン2でしっかり終わりを観せてほしかったので、実に残念な終わり方です。まるで『バック・トゥー・ザ・フューチャーパート2』です。

アマゾン・ネオというのは普通よりも早く成長して5年ほどで見た目が高校生くらいにまで成長してましたから、シーズン3に出てくるとすれば、しっかりオッサンですね。

 

汚い大人の世界を見てしまった無垢な少年で、自分がアマゾンだからって生きてはいけないのかと葛藤するあたりが、この物語の根幹だと思います。普通の人間である僕としては人を食う生き物を生かしておくわけには行かねぇだろ、と普通に思って、この少年の葛藤に何も感じませんでした。心の豊かな人が見ると泣けてしまうかも知れませんね。

 

それも次期シーズン(制作されるかどうか現時点ではわからないですが)では単なるアホの大人になって出てくるかもしれないと思うと、このまま観た人それぞれのシーズン3があるということでも良いんじゃないかと考えてしまいました。

 

しっかりした完全大人向けの仮面ライダーであるこの『アマゾンズ』。まだご覧になっていない方はぜひシーズン1から観ることをオススメします。いきなりシーズン2から観てもサッパリわからないことが多すぎるからです。

 

特に戦闘シーンはオリジナルの『仮面ライダーアマゾン』よりも

よりワイルドに仕上がっていてカッコいいと思います。でも、子供にはちょっとしんどいと思うので、大人用の『アマゾン』です。

 

それではまた来週。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村