大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

【ほんのりネタバレ】『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』感想

アーユーレディ?変身!

こんばんは、ろけねおです。

 

『仮面ライダーグリス』の映画を観てまいりました。

映画と言うか、DVDとかBlu-rayになっているものを劇場で観たというところです。

 

またしても、舞台挨拶がありまして、仮面ライダーグリス役の武田航平くんと赤羽役の栄信くんが出てきました。でも、席がすごく遠かったので、栄信という人が何役の人なのか、わからないままトークを聞いてました。

プライムローグ?

前にも書いたかも知れませんが、実は『ビルド』はちゃんと観てなかったのです。一応毎週リアルタイムでは観ていたのです。あ、いや、正確にはクローズチャージが出てくる回だけ見逃しましたが、

それ以外はちゃんとリアルタイムで観ていたはずなのですが、ストーリーもキャラクターのことも全部うろ覚えで、前回見た同じシリーズのクローズの映画も

loca-neo.hatenablog.com

ふわっとしか、理解していなかったと思います。

 

しかも北斗三羽烏には何の思い入れもなかったので、仮面ライダーグリスこと猿渡一海と3人の関係性にもあまりピンときてませんでした。舞台挨拶で、栄信くんだったかが、一海と赤羽の関係性をしっかり観て欲しいと言うようなことを仰っていたのですが、それが何のことなのかサッパリでした。本当にごめんなさい。

 

やっぱり『ビルド』は最初から真剣に観ないと行けないな〜と思いました。

 

もう一人のワニのライダー、仮面ライダーローグもいつの間にかフォームチェンジしてたんですね。

マントが付いてましたが、こんなんいつ出てきた?と思って調べたら『てれびくん超(ハイパー)バトルDVD 仮面ライダープライムローグ』というのに出てきたそうですね。知らんがな。それも観ておいたほうが良かったのかも知れませんが、どうやって観ればよいのやら。

 

そんなわけがわからない状態でも、何となく楽しめる娯楽作品に仕上がっています。ストーリーがそんなに理解できない子供でも楽しめる作りになっているから、助かりました。

敵がカッコいい

今回の敵がテロリストなのかな?『ビルド』の最終回で世界を整備し直してスッキリしたのかと思ったら、何人か記憶が蘇っている人が、悪い人は悪い人としてまた活躍してしまうので、この分では前の『クローズ』のときもそうでしたけど、『ビルド』の世界ではいくらでもスピンオフが作れる状態になっています。

 

実に素晴らしいんですが、これ以上作られますと僕が追いかけられなくなるので、イチから『ビルド』を見直すまで、新作を作るのをちょっと待ってほしい気持ちになっています。 

 

今回の敵は実はビルドです。本物ではなく、テロリストが変身したビルドです。まずメタルビルドというのが出てくるんですが、

これはTVシリーズにも出てきたハザードフォームとほぼ同じでした。テロリストということで、ラビット要素がなくタンクにタンクでした。完全なる兵器です。これもカッコ良かったんですが、さらにここからもう一段階パワーアップします。

 

それが仮面ライダーファントムビルドです。今回テロリストが用意した兵器と途中で手に入れたホワイトパネルを取り込んで変身するんですが、これがさらに兵器感がアップしてカッコいいです。

 

今回の主人公であるグリスも負けじとパワーアップして、グリスブリザードからの

グリスパーフェクトキングダムとなるんですが、このパーフェクトキングダムが僕的にはあんまりカッコ良くないし、なんならグリス感が減ってしまって見えて、これグリス?ってなりながら、その活躍を見るということになってしまいました。

blog.livedoor.jp

最初のグリスはスクラッシュドライバーで変身してて、

ブリザードとパーフェクトキングダムはビルドドライバーで変身しているので、見た感じが違うのは致し方なしといったところなのは理解できます。

 

ただ、ブリザードはグリスの強化版的な雰囲気が残っていたのに、パーフェクトキングダムはどっちかというと仮面ライダーエボルよりのデザインになっているから、僕は違和感を感じるのです。

グリスやブリザードがそうだったように、頭はクリアパーツを頭からスポッとかぶっておいてほしかったです。

 

ま、それ言い出すと同じスクラッシュドライバーで変身するローグもグリスやクローズチャージとはちょっと違うデザインになっているのにも違和感を保たないといけないんですが、あれはそもそもゼリーとボトルで違うから、ということで何となくしっくり来ています。

 

主人公よりも敵のライダーのほうがカッコ良く見えちゃったのが、ちょいと残念だったかな、ということです。

結末に観客が泣く

ネタバレになってしまうので、あまり詳しくは書きませんが、たぶんわかってしまうと思うので、結末を知りたくない方はこのへんで引き上げて下さい。宜しくお願い致します。

 

僕は特撮ヒーロー番組に恋愛要素が入ることを、あんまり良しとしてません。悪者を倒すという大筋が恋愛ストーリーに引っ張られると、大筋のほうが荒く描かれてしまうような気がするからです。

 

僕がそもそも恋愛を全面に出した映画もドラマも観ないので、余計に思うんでしょうけど、そういうのは恋愛専門の物語に任せたら良いじゃないか、と思っています。だから、『仮面ライダーキバ』なんかも恋愛要素が結構入っているほうだったのですが、

あんまり好きになれませんでした。楽しんではいましたけど、好きではありませんでした。

 

美男美女が勢揃いするわけですから、恋愛するなというほうが無理なのかも知れませんが、ほんのり匂わす程度にとどめて欲しいというのが本音です。

 

でも、今回恋愛要素がドンと乗っかってきますが、「良かったな〜」と思ってしまいました。この感じなら良いんじゃないか、と思えました。

 

その結末にとなりで映画を観ていた特撮女子の方も「良かった〜」なんて言いながら泣いておられました。感動の大団円。バッドエンドで終わる物語もありますが、僕はどうせお金を払ってみるのなら、ハッピーエンドを観たい派なので、皆が皆、幸せな気持ちになってエンディングを迎えた『仮面ライダーグリス』は素晴らしいです。

 

特に思い入れの少ない僕ですら、「良かったな〜」と思えたわけですから、一海や北斗三羽烏に並々ならぬ思い入れがある方ならば、間違いなく泣けるでしょう。いや、泣くつもりで観て下さい。嬉し泣きは心を洗います。朝から観たら、その日1日、晴れ晴れとした気分で過ごせること間違いなしです。

 

これでビルドシリーズは最後になるとのことですが、せっかくですから、マッドローグの話も作ってあげて欲しいです。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング