大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

嫌いではないのに『仮面ライダードライブ マッハサーガ』はイマイチだった

変身!

仮面ライダーろけねおです。ひとっ走り付き合えよ!

 

『仮面ライダードライブ』は近年では最もハマったライダーで、僕の腰に回らないにもかかわらず、ついベルトさんも購入してしまうほどです。

そうなると、当然小説が出てると言うのなら、読みたくなるわけでございます。義務感です。

個人的にはイマイチ

 

仮面ライダーのシステムを作ったクリム・スタインベルトさんが、システムを封印したので、全然仮面ライダーが出てこないんです。

 

平成の仮面ライダーというのは大人の鑑賞にも耐えられるしっかりしたストーリーが魅力なわけですけども、そんなしっかりしたストーリーの中で活躍する「仮面ライダー」を僕は観たい、いや、この場合は読みたいですね、のです。

 

仮面ライダーが出てこないとなると、普通の推理小説?探偵モノ?カテゴリーがなんと言うものに分類されるのかわかりませんが、「仮面ライダー」の看板に偽りありと思えてきます。

 

こちとら「仮面ライダー」の活躍が読みたくて読んでるわけですから。

 

よっぽど仮面ライダーマッハに変身する詩島剛というキャラクターに思い入れがあるなら、楽しめると思いますが、僕はそのタイプではありませんので、仕方がないですね。

ドライブとはテイストが違う

どういう人がコレを書いたのかは知りませんけども、テレビで観ていた『ドライブ』とはどことなくテイストが違うように感じました。

 

脚本を書かれた長谷川圭一さんが監修をなさっているようですから、辻褄はあっているのでしょうが、ドライブ愛の薄い人が同人誌を作ったような感じがしてしまいました。

※あとで調べてみますと、著者の大森敬仁さんは『仮面ライダードライブ』のチーフプロデューサーさんなんだそうです。愛情が薄いわけないですね。本当にすみませんが、そんな風に思ってしまいました。

やっぱり仮面ライダーは映像で観てナンボなのかな〜と思えてました。

 

もしくはせめてメインライターであった三条陸さんが書いていたら、僕の中にある『ドライブ』とフィットして、たとえ仮面ライダーが出ない話であったとしても、楽しめたんじゃないかな〜という気がします。

 

三条陸さんの書くものと僕は相性が良いので、おそらくもうちょっとしっくり来ていたと思います。

 

ちなみに三条さんは、特撮ではこれらの作品でメインライターを務めておられました。

まだまだドライブは続く

小説はしっくり来なかったのですが、『仮面ライダードライブ』の世界はまだまだ広がっていくのです。

すでにこれは観ているのですが、やっぱり仮面ライダーマッハのほうはあんまりでしたね。どうも仮面ライダーマッハは嫌いではないのですが、相性が良くないみたいです。

 

逆に『仮面ライダーハート』はしっかり楽しめましたので、今後『仮面ライダーブレン』とか『仮面ライダーメディック』も作られたら良いんじゃないかと思います。

 

また『仮面ライダーチェイサー』もバツグンに面白かったです。

『ドライブ』最高。また、スピンオフを作って欲しいです。

 

それではまた。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村