大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダーゼロワン』第1話「オレが社長で仮面ライダー」感想

変身!「ジャンプ! オーソライズ! プログライズ!飛び上がライズ!ライジングホッパー!A jump to the sky turns to a rider kick.」 

こんばんは、ろけねおです。

 

ついに始まりました『仮面ライダーゼロワン』!製作発表を観たときから、

loca-neo.hatenablog.com

かなり期待しちゃっていたので、大丈夫かな〜と多少心配にはなっていたのですが、心配ご無用、いや、期待以上でした。

 

これほど第1話で心を奪われたライダーは実に久しぶりです。『ドライブ』以来です。

自分が好きそうなタイプの仮面ライダーに久しぶりに出会えて、本当に嬉しくなりました。

知ってる俳優さん続々

顔は知っているけど、名前まではわからないという俳優さんが出るのは、よくあるのですが、誰もが知っている俳優さんがこんなに一挙に出てきた仮面ライダーって今までなかったんじゃないでしょうか。

 

仮面ライダーの第1話はどの作品も1番インパクトがあると思うんですが、この『ゼロワン』の第1話は屈指のインパクトだったんじゃないでしょうか。

 

ゼロワンに変身する飛電或人とおじいちゃんが西岡徳馬さんでした。

西岡徳馬

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

西岡徳馬さんがご出演なさるのは知っていたのですが、A.I.M.S.(エイムズ)というヒューマギアが暴走したときに壊し来る人たちがいるんですけど、その組織のお偉いさんかなと予想していたのですが、仮面ライダーのおじいちゃんでした。

 

しかも、すでにお亡くなりになっていました。

 

たぶんゼロワンドライバー(と書くと今はまだキカイダー01の技のほうが頭に浮かんでしまいます)を作った人ですから、科学者だったんでしょう。つまりすでにお亡くなりにはなっていますが、近年では『ドライブ』に出てきたクリム・スタインベルトのように、古くは『仮面ライダーX』のXに変身する神敬介のお父さんの神博士のように、機械に自分の全てを移して、事あるごとに或人をサポートするような気がします。

 

そして、AIではなくおじいちゃんを搭載したヒューマギアとして出てくるのではないかと思います。

 

そして山本耕史さんです。こちらは或人のお父さんでした。

山本耕史

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

しかも、ヒューマギアです。或人はヒューマギアと人間のハーフなの?と最初から訳がわからなかったのですが、お父さんもまた何者かに襲われて死亡、いや破壊されてしまいました。インパクト絶大でした。

 

そしてゲストとして、ゼロワンの前に立ちはだかる最初の敵で腹筋崩壊太郎はなかやまきんに君さんでした。

なかやまきんに君

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

理屈じゃないギャグで笑いを取るヒューマギアの役が、実際にそんな芸風のなかやまきんに君さんが演じるというのが、まずリアリティがあって、実にいいキャスティングでした。

 

そしてこの芸を披露することで、このヒューマギアに搭載されているAIがいかに優秀であるかも、キチンと説明されることになるのですから、非の打ち所がありません。

 

これからこれほど優秀なAIを搭載したロボットを人間がどうやって倒していくのだろうと、ワクワクさせました。

 

さらにゲストはもうひとり、僕にとっては『科捜研の女』で

おなじみの金田明夫さんです。

金田明夫

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

『科捜研の女』にはライダーで活躍した俳優さんが出ることが多い(今シリーズでは仮面ライダーオーズをやっていた渡部秀さんと『仮面ライダーW』で鳴海亜樹子役をやっていた山本ひかるさんが出ておられます)のですが、『科捜研の女』に出てる人が『仮面ライダー』に出ることはなかったので、実に新鮮でした。

 

しかも最初に仮面ライダーに救われる役というのも良かったです。一気に掴まれてしまいました。

敵も変身

今回の怪人は、ヒューマギアがそこら中にいて、その善良なるヒューマギアにベルト(ゼツメライザー)を取り付けられて、ゼツメライズキーを刺されて変身してしまうという設定でした。

 

つまり、怪人もライダーと同じくベルトを装着してアイテムを使って変身するのです。

 

仮面ライダーはずっと怪人側と同じ能力で変身して闘うんですが、ややこしいからなのか、さすがにベルトで変身ということはなかったわけです。悪のライダーは別ですが。ここにきてベルトそのものは違うけど、ベルトで変身して闘うというのがライダーと怪人が全く同じというのが驚きつつも、シビレました。

ベローサマギア

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

こりゃ毎回、怪人の変身が楽しみになります。

 

で、テレビで観ているときは最初の怪人はカマキリか〜と思っていたのですが、

昆虫の絶滅種「クジベローサ・テルユキイ」のデータイメージ「ロストモデル」により強化され、両前腕に装備された鎌「トガマーダー」を使用した戦闘を得意とする。

「ベローサマギア」という名前の怪人だったのですが、これがカマキリに似た別の昆虫だそうで、しかも名前は俳優の香川照之さんの名前から取ってつけられたというから2度ビックリ。

www.sankei.com

この衝撃は『仮面ライダーW』で、アノマロカリス・ドーパントが出てきた衝撃と同じです。なんか普通に「アノマロカリス」なんて単語が出てきてますけど、それ何?となったのを覚えています。

これまた、インパクト絶大でした。

イズちゃんがとにかくかわいい

仮面ライダーのカッコよさも重要ではありますが、ヒロインが好みかどうかもかなり重要です。ここのところヒロインはイマイチ続きでしたが、久しぶりに「ムムッ」なる方がヒロインになりました。

イズ

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

イズちゃんですね。ヒューマギアということで、冷たい感じなのかなと思っていたら、全然そんなことはありませんでした。隠しきれないかわいさが溢れ出ていました。

 

かつて『ウルトラマンマックス』でアンドロイドのエリー(演じたのは満島ひかりさん)が出てきましたが、それに匹敵するかわいさです。この子ブレイクするかも。

まだ活躍はあまり描かれてませんが、仮面ライダーになる女性もいい感じ。

仮面ライダーバルキリー

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

今年はライダーの話が好みじゃなくなったとしても、ヒロインのおかげで楽しめそうです。ワクワクが止まりません。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング