大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダーゼロワン』第20話「ソレが1000%のベストハウス」感想

 

変身!こんばんは、ろけねおです!

今週もまた今日の放送前までに間に合いませんでした。申し訳ありません。

 

先週分の感想ですが宜しくお願い致します。

匠親方まで暴走させる新屋敷

冒頭、しっかりとスマイルが復活していたので一安心。その笑顔も大復活でございます。

イズと飛電或人と住田スマイル

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

お金持ちの家を探すのが最終対決。3人の息子家族が遊びに来ても大丈夫な大きな家を予算5億円で探してくれとの依頼なのであります。

 

すると、2,900万円の家をリノベーションだかリフォームだかして提供すると言い出すスマイル。

www.renoveru.jp

この勝負、何件成約したかではなく、いくら売り上げたかが勝敗を分けるのです。

 

予算が5億なのに、2,900万円とはどういうこった?と。これじゃあ、仮にこの家が売れたとしても勝負は負けてしまいます。

 

勝負に勝たんでどうする?と或人はスマイルに問いますが、勝負に勝つことよりもお客様に喜んでもらう、笑顔になってもらうことが第一だと言って、最高のスマイルを見せるのです。

 

勝負はどちらの売上が上かです。だがしかし、本来の仕事はお客様の喜ぶ物件を探して紹介することです。そう、これがベストなわけです。

 

さて、そのスマイルが探してきた物件を大工のヒューマギア、最強匠親方がリノベーションだかリフォームだかを担当するのです。

 

これまで新屋敷によって破壊された家を直してきた最強匠親方が、今度は新屋敷に襲われてしまいます。

 

そして親方までもが負のシンギュラリティに到達してしまうのです。

マンモスアークマギア

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

新屋敷はヒューマギアを暴走させることを目的で暴行を加えました。胸糞悪い人間が1人いるだけで、ヒューマギアは何体でも暴走させることが出来るのです。

 

ここまで来ると、ヒューマギアが悪意を感じたときに、これは個人的に悪意が強いだけであり、人間の全てが悪意に満ちているわけではないというプログラムをヒューマギアに組み込んでおかないと。

 

ただ、現時点ではなぜ暴走してしまうのかが、或人たちにはわかってないんですよね。

 

先週、天津は悪意は伝染するというようなことを言っていたように思いますが、見事に1人のバカのおかげで悪意はもう1人のヒューマギアにも伝染してしまったのです。

 

ヒューマギアはまた作ればいいとわかっていても、暴走してしまったときの切なさったらないのです。こうやって回を重ねるごとにヒューマギアの悲しみを見せられるのかと思うと気が重くなります。

高齢者に配慮してる?

おじいちゃんの家を探すというお題で、あんまり家が広すぎたら家族の距離が遠くなるということで、スマイルの探してきた物件が採用されたわけです。

 

これがどこなのかわかりませんが、山奥の別荘風味でした。

 

普段、息子家族が来ない時は、おじいちゃんは一人暮らしです。こんな山奥のポツンと一軒家(じゃないかも知れません)に一人暮らしなんて不便極まりないし、あまりに寂しいのではないでしょうか。

 

逆に新屋敷が紹介した家は都心の一等地で、アクセスが良い物件でした。

 

一人暮らしならなおさら都会に住むほうが何かと便利だろうし、息子たちもすぐに駆けつけやすいのではないでしょうか?

www.e-life.jp

こちらのアンケートでは老後を都会で暮らしたいとする人のほうが若干多いです。

 

依頼者は現在海の近くのリゾートマンションみたいなところで一人暮らしをしておられたので、都会へのアクセスはあんまり考慮してなかったということでしょう。都会とのアクセスのことを考慮してなかったので、息子たちの家族が遊びに来なかったのではないか(今のマンションでは息子家族が来ないから家を探しているのだと仮定しています)と思います。

 

ただ依頼者がポツンと一軒家を選んだわけですから、やっぱりスマイルのチョイスは正解ということにはなるんですが、選んだ理由が家族との距離だとすれば、依頼者が5億もの予算を提示したのは、広くなくても高い家、つまり都会を所望していたのではないかと思ってしまいます。

 

田舎の小さな家と、都会にアクセスしやすい大きな家のどちらかの選択を迫られたのと新屋敷の態度と考え方が気に入らない、さらにスマイルが家族のことを考えてくれたということで、スマイルの勧めた家を選んだ理由なんじゃないでしょうか。

 

 

ボクはもっと歳を取ったらもっと都会に引っ越したいと思っています。

ヒューマギアが心を掴む

最後の対決では新屋敷の勧めた家は売れませんでしたが、トータルの売上では勝ちました。つまり勝負には勝ったのに、スマイルの勧めた家を選ばれてしまい、素直に喜べないどころか、悔しくなってレイダーに変身してスマイルを破壊しようとしました。 

スプラッシングホエールレイダー

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

しかし、この悪あがきも或人の手により粉砕されてしまいました。

 

これまで積んできた経験から自信を持って勧めた家が、感情を持たない機械に負けるのは、胸糞悪いクソヤローだとしても、悔しいだろうし、受け入れがたいことだとは思います。

 

そこで純粋なスマイルに触れることで、自分を不幸にしていたのは、狭い家でもお金がないことでもなく、それを不幸だと考えてしまっていたことであることに気がついたのです。

 

狭いことも貧乏であることも不幸であることの理由にはならない、子供の頃だってただただ不幸であっただけではなく、そこには確かに幸せがあったことに気が付かされたのです。

 

これは事実には幸も不幸もなく、その事実を人間がどう受け取るかということを示しているのだと思います。どんな状況であれ、自分が幸せを感じれば幸せなのです。常に幸せと捉える努力をすれば、それは幸せになるのです。

 

ところで「新屋敷」は多分新しい屋敷を売る人ということで、こんなネーミングになっているんだと思うんですが、この名前には「阿頼耶識」の意味も含んでいるのではないかと考えています。

kotobank.jp

唯識説で説く八識の第八。宇宙万有の展開の根源とされる心の主体。万有を保って失わないところから無没識、万有を蔵するところから蔵識、万有発生の種子(しゅじ)を蔵するところから種子識ともいわれる。

難しい事はわかりませんが、全ての根本部分のような事だと思います。

 

この場合、新屋敷は人間の根本部分を表現したキャラクターで、人の根本は悪意で出来てると表現したかったのかも、と思ったりしました。性悪説というやつですかね。

kotobank.jp

人間の本性は悪であり、たゆみない努力・修養によって善の状態に達することができるとする説。

つまり、新屋敷は家を売ること、ヒューマギアのスマイルと闘うことが修養となり、ついには善の状態に達したと言うことなのではないでしょうか。

 

スマイルは家を探していた依頼者だけでなく、売上勝負を争った新屋敷まで幸せに導いたのです。

 

ザイアスペックもいいけど、やっぱりヒューマギアも良い。飛電にはこのまま作り続けてほしいな。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング