大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダーゼロワン』第23話「キミの知能に恋してる!」感想

 

変身!こんばんは、ろけねおです!

今週も間に合いませんでした。すみません。この状態は3月いっぱい続くと思われます。春になったら更新頻度が増やせる予定なので、ご了承下さい。

 

先週の予告編を見たときから今週の放送が楽しみで仕方がありせんでした。久しぶりにリアルタイムで観ようとしたのは『特命戦隊ゴーバスターズ』の二人がゲストで登場したからです。

ブルーバスターとイエローバスターの揃い踏みということで、もうそれだけでお腹いっぱいです。いかなるストーリーでも楽しくなってました。

メタルクラスタホッパープログライズキー使用の弊害

メタルクラスタホッパープログライズキー以外のプログライズキーが反応しなくなってしまったゼロワンドライバー。

コミカルなシーンが多い回でしたからサラッと流されてしまいましたが、この時点でボクらはゼロワンのライジングホッパーとかシャイニングホッパーがもう観られないということになってしまいました。こりゃエラいことですよ。

 

そんなイレギュラーなことがいつまでも続くはずはないんですがね。

 

しかも、メタルクラスタホッパーは或人では制御ができません。一体何を対象にした攻撃をしているのかわかりませんが、今のところ変身した人やヒューマギアを見境なく攻撃しています。

 

ヒューマギアが暴走したら人間を襲いますが、メタルクラスタホッパーは普通の人間に敵意を向けたシーンはボクの記憶ではありません。だから、アークの意思によって製造されたプログライズキーなのに、人間を滅亡させるという意思は反映されていないのです。

 

考えてみればアサルトグリップも確か衛生アーク製。

使った人の体に負担はかけたものの、悪意が使用者の精神に影響を及ぼしたことはありません。

 

つまり、メタルクラスタホッパーを制作する際に天津の悪意(コンピューターウイルスか?)が込められたから、或人が制御できないし暴走もするしゼロワンドライバーが他のプログライズキーを受け付けなくなってしまったのでしょう。

 

天津は、先週1000%の自信を持って挑んでフルボッコにされてしまったのに、全く懲りずに今週も戦いを挑みました。

仮面ライダーゼロワンメタルクラスタホッパーと仮面ライダーサウザー

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

そして今週も何も出来ないままに玉砕。

 

天津もまるっきりアホじゃないはずなので、勝算があったから勝負を挑んだはずですが、2回続けて手も足も出ないとなると完全に計算が狂ってます。

 

そしてゼロワンでもなく、或人でもなく、アークに対して戦いを挑んでいました。

 

滅がいうように、アークを完全に甘く見ているとしか思えません。

 

さ、3度目の正直はあるのでしょうか。メタルクラスタホッパーを作って或人に与えたのにはどんな目的があったのか、来週にはわかるんでしょうか。

サラリーマンはつらいよ

社長の婚活にも付き合うザイアの社員の刃唯阿。

刃唯阿と天津垓

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

AIMSでは技術顧問だったし、メタルクラスタホッパープログライズキーの制作もやっていたので、そもそもエンジニアであろうと思うのだが、このところはほとんど社長の秘書。

 

ZAIAともあろう大会社の社長に秘書がいないのはおかしいので、きっとちゃんとした秘書がいたはずなのですが、わざわざエンジニアの唯阿を同行させているのは、相当なお気に入りであるということでしょう。もしかしたら、この婚活は天津のプライベートなことで、給料も出ていなのに呼ばれてしまったのかもしれません。

 

むしろ、仕事ではないので秘書を呼ぶわけには行かなかったのかもしれません。

 

いずれにしても社長に逆らえないサラリーマンの悲哀が見て取れます。サラリーマンはつらいよ。

 

仕事だとしてもお見合いの現場にショットライザーを持ってくるとはどういうことなんでしょう。

 

このお見合いをセッティングをしたのがヒューマギアの縁結びマッチだからなのではないでしょうか。マッチングアプリで済むところをわざわざ効率的だと言ってヒューマギアのマッチングサービスを利用しながらも、いつ何時ヒューマギアが人の悪意を受けて暴走するかもしれないと、唯阿に武装させていたのです。

 

最初から暴走させる気だったのかな、天津は?

 

ここにヒューマギアの性能を期待しながらも、信用はしていないという複雑な天津の心情が現れていたように思います。

仮面ライダーバルキリーの戦い

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

そんな天津のおかげでかなり久しぶりに仮面ライダーバルキリーに会えました。

tamashii.jp

ちなみにS.H.Figuartsのラッシングチーターの予約が始まってますよ。

 

しかも大盤振る舞い、ラッシングチーターとライトニングホーネットの両方のフォームが見られました。そろそろバルキリーにもパワーアップアイテムを与えてあげてください。

ヒューマギアの暴走が雑

ここまで毎回のようにヒューマギアが暴走させられてきました。ブルーバスターがヒューマギアとして登場したということは今週はブルーバスターが暴走することになるんやな、となるわけです。今回に限り熱暴走ということになるでしょう。

※なんのこっちゃわからん方はぜひ『特命戦隊ゴーバスターズ』を御覧ください。

それにしても、今回の暴走はえらく雑でした。

 

イズからラーニングした放送禁止用語連発の悪口をイエローバスター海老井さんに浴びせて、ビンタをされただけでブルーバスター縁結びマッチは暴走しました。

 

あの程度のことで、すぐに暴走して暴れてしまうくらいにアークの意志をビンビンに受け取ってしまう設定ならば、天津じゃないけどもヒューマギアを使うことが不安になります。

 

というか、ササッとアークをぶっ壊しに誰か行ってもらえないかとすら思えてきます。こういうときのA.I.M.S.でしょ?何してんの?不破しかいないわけじゃないんでしょ?他の隊員もいっぱいいたし、唯阿が本社に帰ったんだから、新しい誰かをライダーにして早いことアークをぶっ壊しに行きなさいよ、とA.I.M.S.にイライラしてきました。

 

アークがどこの水の中にあるのかってわからないんだっけ?いや、そんなことないでしょ?デイブレイクタウンでしょ、あれ?違ったか。

 

ともかく縁結びマッチは暴走したけども、サラリと破壊されたので人を傷つけずに済みましたが、あのあっさり暴走は今後のヒューマギア運用に影を落としました。

追記

この感想は24話を観る前に書いておりますので、24話を観るとスッキリすることではありますが、このときはイライラしているとご理解いただけると助かります。

 

ヒューマギアも暴走し、ゼロワンも暴走してしまいましたが、果たして来週なんとなるものなのでしょうか。心配で心配でご飯も喉を通りません。これでスッキリ痩せたら良いのにと思っています。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング