大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダーゼロワン』第29話「オレたちの夢は壊れない」

変身!

こんばんは、ろけねおです!

 

第29話を持って『仮面ライダーゼロワン』第1部完でございます。思えば僕の大好きな仮面ライダー響鬼もこの辺りで終わりました。

全行程の半分を少し超えたあたりは山場を作りやすいんでしょうかね?

イズが暴走しやしないかヒヤヒヤした

バックアップがあるとは言え、イズが暴走してヒューがヒューッと飛んでいってマギアになってしまうところを見るのはつらいので、イズが唯阿やら天津の手によってぶっ壊されそうになった時、防御のために暴走するんじゃないかとヒヤヒヤして観てました。

 

これまでヒューマギアが暴走したときは、いずれも悲しいものでした。

 

それでもそのヒューマギアたちはボクらとは付き合いが短いので、そんなに思い入れがありません。よって、人間の悪意を目の当たりにして暴走してしまったことは実に残念ではあるけども、そうなる前のバックアップはあるだろうから「ま、良いか」という感じでした。

 

でも、イズは違います。今やゼロワンファンみんなのアイドル、みんなの妹、みんなの秘書、みんなのお孫さんです。

 

ゼツメライザーを装着させられるんじゃないかとも心配していたのですが、脳のチップによる縛りを振り切って不破が助けてくれました。

不破諫、変身

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

ここまでロックというロックを力尽くで解除してきた不破ですが、今度は直接手を触れることが出来ない部分の影響すら振り切ることに成功しました。

 

こういう人のことを人は脳まで筋肉で来ているなんて呼びますが、まさに脳にも筋肉があって「亡」を力で抑え込んだような感じです。

 

チップが取り除かれてしまうと仮面ライダーに変身することも出来ないので、このままでしょう。まるでキカイダー。

笛を吹かれる度に悪になってしまったキカイダーですが、不破もチョイチョイ悪の心が目覚めてしまいますが、その度に力で抑え込んで正義の為に闘ってくれるはずです。

 

或人と不破、2人合わせてキカイダー01ということになりますね。

ナンノコッチャ。

ランペイジがムチャクチャカッコいい

仕方のないことですが、新フォームは初登場時がいちばん丁寧でカッコよく描かれています。

仮面ライダーランペイジバルカン

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

仮面ライダーランペイジバルカンは多分ここが最大の見せ場です。刮目せよ!

天津がこれを作ったのは、不破のことも自分の道具にできると考えてのことでしょう。ゆえにサウザーに変身しては、相手のプログライズキーのデータを抽出し続けてきたのです。

 

それが全部自分に返って来てしまいました。

 

飛電が買収できたから、そんなにショックでもないのかな?せっせとデータを集めて強いコマを育てたのに寝返られたら、ボクならかなりショックなんですけどね。ZAIAの社長ともなると、精神力もかなりタフなんでしょう。

飛電インテリジェンス買収さる

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

このところ、カッコいいところばかりを見せていて残念?な福添副社長。

 

今回もZAIAに買収されても会社はさらないという決断をしました。もちろん、会社をやめてしまっては家族が路頭に迷うことになってしまうという理由もあるのでしょうが、ボクにはそれよりも尊敬して仕えてきた先代の是之助車ちゃうの作った会社を守りたいという気持ちのほうが上であると思いたい。

 

宿敵天津の腰巾着になってでも、飛電インテリジェンスを守り、いずれ自分の手で天津から取り返してやるという気持ちであるように思えてしまいました。

 

だから、今後或人と敵対関係になったとしても、それは芝居であると信じることにします。

人は道具なのか

今回は社長と社員の関係とは道具を使う人と道具という関係なのかどうかというところです。少なくとも天津はそう考えていて、唯阿が意見をすることも許さないという姿勢です。

 

また唯阿自信は道具になっているのではなく自分の意志で社長の命令に従っていると、言い切っています。

 

主体性を持って自分で考えて行動するのが人間で、命令によって動くのが機械であると定義するならば、天津は人間さえも機械であるべきだと、つまりヒューマギアあるべきであると考えていると言えます。

 

それなのに、ヒューマギア撤廃とはこれ如何に。

 

逆にヒューマギアをどんどん広めたい或人はヒューマギアはどんどん人間に近づいて、なんならどんどんシンギュラリティに到達すればいいとすら考えているように思えます。

※これはまだ30話を観てない体で書いていますので、ご注意ください。

ならばヒューマギアではなく、人間に働いてもらう、人材派遣会社をやるべきなんじゃないかと思えてきます。

 

人は道具だという天津と、ヒューマギアは道具ではないとしてそうな或人。

 

ZAIAが飛電を買収して、ヒューマギアの製造を続けられたら一番いいんじゃないかと思えてきます。ただ、なぜZAIAスペックを推しているので、そうはならないわけですがね。

 

もしかしたらZAIAスペックをつけると、天津のコントロール下に置かれてしまう機能があるのかも知れません。

 

 

人間 vs ヒューマギアという対立構造で進んできた話でありますが、今後は雇用者(ヒューマギアも含みます)の捉え方の違いをぶつけ合うイデオロギー闘争になるのかもしれません。

biz.trans-suite.jp

最終的には人間であることもヒューマギアであることも関係ない、他人に対してどう接するのか、そこを問われる気がしました。

 

基本的人権の尊重でしょうか。

 

自我が目覚めたばかりのヒューマギアは自分が人間であるかのように振る舞うでしょうし、考えるのが面倒な人間は命令を待ち続けるのでしょうから、いよいよ何が正しいのかわかりにくくなってきます。

 

ちびっこが付いてこれるのか心配になってきました。

 

ま、ランペイジがカッコいいから良いか。

 

ということで第1部が更にカオスを迎えて終演となりました。次回にお楽しみに。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング