大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダーゼロワン』第7話「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」感想

変身!「 プログライズ!アテンションフリーズ!フリージングベアー!Fierce breath as cold as arctic winds.」 

こんばんは、ろけねおです。

 

牙狼の映画を観に行くことになっていたので、『ゼロワン』始まって以来初めて、リアルタイムで観ることが出来ませんでした。日曜日に放送されるということは、こういうこともあるということですね。しかも時間も若干遅くなりましたから、余計にスケジュールがかぶりやすくなりました。

不祥事なしの教師とモンスターペアレント

基本的に子供向けに作られている特撮番組では、時々社会派を匂わせるストーリーが展開することがありますが、今回はそうだったのではないでしょうか。

 

第7話の主人公は教師のヒューマギアです。

教師のヒューマギア:コービー

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

坂本コービーという熱血教師というレッテルのはられたヒューマギア教師です。この学校はどうやらそこそこの数のヒューマギアを教師として採用しています。なにゆえ、ヒューマギアに先生をやってもらうのかと考えると、昨今こう言った

news.livedoor.com

教員の不祥事が多発しています。特に神戸の小学校の教員同士のいじめ問題は、先生がいじめをやっているということも、その後の対応も、関わった先生という先生が全員アホという前代未聞の大事件です。

news.livedoor.com

わざわざアホの人を選抜して先生に採用してるんじゃないか?と思わせるほどです。

 

こういうこともヒューマギアに任せると一切ないわけです。これは良い判断だな〜と思っていたらそうも行かなかったというのが、今回のストーリー。

 

子供が塾の時間になっても帰ってこないとかで、親が学校にクレームを入れます。調べてみるとヒューマギアのコービーが顧問を務めているバスケ部の連中が帰ってこないと。時間などルール違反をしないのがヒューマギアの良いところなのに、クラブ活動を勝手に延長して生徒に練習をさせているわけです。

 

ところがさらに調査をしてみると、バスケ部の練習の延長は生徒たち自身が望んだことで、バスケ部からの引退が迫る中、まだ1勝もしていないので何とか1勝して引退したいという気持ちがヒューマギアの管理能力を超えたわけです。というか、ヒューマギアがより人間に寄り添った結果、生徒の1番の望みがバスケの1勝ということを汲み取ったのです。これぞAIの進化でしょう。

 

人間をサポートするために作られたヒューマギアが人間に寄り添った結果クレームを入れられてしまうというのは悲しいです。塾代を払っている親からしたらけしからん事でしょうが、クラブ活動もまた勉強と同じくらい子供にとっては大事なことだから、今は仕方ない(引退するということは受験に備えるということですから)かと柔軟に対応してやればいいのに、それができてない人間である親のほうが、ダメな気がしました。

 

子供のことを思っての行動が子供を悲しませたり、周囲に迷惑をかけるのが結果を招くのがモンスターペアレントと呼ばれるわけですが、親が完全にモンスターになる前に人間に寄り添ったヒューマギアがモンスターにされてしまうというのは、なんとも悲しいお話でした。

怪しい動きをする唯阿

これまで滅亡迅雷は、コービーのように感情の芽生えたヒューマギアを狙ってマギアに変えてきました。ところが今回は自前でヒューマギアを育てて心を芽生えさせたところでマギアに換えるということをしました。それが暗殺ちゃんです。

迅と暗殺ちゃん

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

※迅の後ろにいるのが暗殺ちゃんです。

これが出来るということは今後も人類を滅亡するのに効果を発揮するヒューマギアを育てるのを積極的にやって来ることになるかも知れません。ま、今回は暗殺を実行する前にマギアになっちゃいましたが・・・。

 

そもそも迅がヒューマギアなわけですから、迅のようなヒューマギアがたくさんいれば、もっと楽に人類滅亡に近づくような気がします。あっちこっちそこらのヒューマギアをマギアに変えれば良いわけですから。ただ、ヒューマギアって飛電でしか売ってないのかな?調達が難しいのかも知れません。

 

さて、滅亡寸前の新しい試みで生まれた暗殺ちゃん。それにさっそく目をつけたのが唯阿です。フリージングベアーのプログライズキーを使って暗殺ちゃんをまさしくフリーズさせて持って帰ってしまいました。

唯阿と暗殺ちゃん

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

何か思惑があってこんなことをしているのでしょうが、果たして彼女の狙いは何なのでしょうか。ますます謎が深まります。毎週毎週謎は深まって、これいつかちゃんと回収できるのだろうか、と不安も深まっていくばかりです。

 

唯阿の上司と思われる男が姿を表すまでは、A.I.M.S.が本当はどういう組織なのかが見えてきません。唯阿がいずれ或人と対立する時が来るかも知れません。

いや、こりゃ間違いなく来ますね。

フリージングベアー

さて、今回もまた新たなプログライズキーが登場しまして、それを使った新フォームが登場しました。さきほど暗殺ちゃんをフリーズさせたフリージングベアーです。

仮面ライダーゼロワン・フリージングベアー

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

暗殺ちゃんはフリーズしましたが、飛電ドライバーに挿してもフリーズはしませんで、ちゃんと変身できました。
 

ポンポン新フォームが出るのは楽しいのですが、色味がバイティングシャークと変わらないので、

仮面ライダーゼロワン・バイティングシャーク

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

新鮮味にかけました。よく見ると目の色も違うし、腕にライジングホッパーが残っているバイティングシャークに対して、胸にライジングホッパーが残っているというようにそこそこデザインは違っています。でも、そこはベアーとはいえシロクマでしょ?凍えさせるわけだから。だったら白にすれば良かったのにって思ってしまいました。

 

しかし、なんで唯阿は自分でフリージングベアーを使用せずに或人に渡したんでしょう?現場にはA.I.M.S.の不破もいたわけだから、実践で使ったことがないのなら彼で試しそうなものなのに。それこそ、また何かあるんでしょうね?

刃唯阿

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

今回は何とか日曜日の前に書ききることが出来ました。これでゆっくりと明日第8話が鑑賞できます。ありがとうございます。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング