大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダーゼロワン』第9話「ソノ生命、預かります」感想

変身!「プログライズ!Giant Waking!ブレイキングマンモス!Larger than life to crush like a machine」

こんばんは、ろけねおです。

 

今週は『ゼロワン』の放送がありませんでした。助かりました。やっと『ゼロワン』第9話観られました。

善意とは

対象としている視聴者はちびっこなんでしょうけども、大人の視聴にも堪えられる内容にしたことで、長く続いてきた仮面ライダーシリーズですが、今回のはまさに大人に向けて作られているような内容だったように思います。

 

ヒューマギアがシンギュラリティに到達したとき、ヒューマギアは善意によって動くのか、悪意によって動くのか。唯阿がイズに問うておりましたが、そもそも善意とはなんじゃい?とイズは考えるのでした。

 

その通り。ヒジョ〜に難しい問題なのです。なぜなら、ある人にとっての善意は、ある人にとっては悪意だったりするからです。立場が違えば、悪意と善意は入れ替わるわけですから、イズは善意とはなんじゃい?となったわけですね。

滅亡迅雷の連中の善意は、人間を滅ぼすための行動全てということになります。正義とは何なのかをチビッコに問うにはあまりにも重いとは思うのですが、そういうことを家族ぐるみで考えるのは良いことではないでしょうか。

 

人間には性善説と性悪説があります。

togetter.com

どっちが正しいのかは知りませんが、人間はどっちかなのでしょうが、ヒューマギアはどっちでもありません。人間のために行動するというふうにプログラムされているのなら、人間にとって最善の行動を取り、人間を滅ぼす行動するとプログラムされているなら、人間にとって最悪の行動を取る、ただそれだけ。

 

結局、ヒューマギアを使う人の善意か悪意かの問題です。さて、滅亡迅雷は誰の意思で動いているのでしょう?

衛星そのものがマンモス

出し惜しみのない『ゼロワン』、今週もゼロワンはフォームチェンジしました。

仮面ライダーゼロワン ブレイキング マンモス

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

今回はデカくなっちゃいました。まさか、ここまでずっとゼロワンをイズと共に支えてきた人工衛星そのものが変形してゼロワンと合体しました。

 

これまでは生きている動物の力が宿ったプログライズキーでしたが、今回はマンモスのプログライズキーでした。

これは敵である滅亡迅雷が持っていたゼツメライズキーを改造して利用したものでしたので、絶滅したマンモスの力だったのです。

 

改造したということはゼツメライズキーをそのままゼロワンのドライバーに装填して使用することはできないということでしょうかね。滅亡迅雷のフォースライザーも、A.I.M.S.のショットライザーもプログライズキーを装填していたので、ゼツメライザー以外はゼツメライズキーは装填できないんでしょうね。

 

ではなぜ、わざわざゼツメライズキーとゼツメライザーを作って使用しているのでしょう。

見た感じフォースライザーに比べて作りがショボいので量産ができるということでしょうか?ヒューマギアである滅と迅がフォースライザーを使っているということは、他のヒューマギアもあれが使えるはずなのに、わざわざゼツメライザーとゼツメライズキーを使用して、マギアにするには何か意味があるんでしょうね。

 

それもそのうち分かるのかな?

なぜ嘘をつくのか

さて、今回の大きな謎は、暗殺ちゃんが変身したときの動画を撮影していたのが唯阿ではないか?とイズに聞かれて、違うと嘘をついたことです。ガッツリ顔まで写っていて、確認までされているのに違うと言って去っていきました。

 

マギアのデータを集めていることを隠す理由は何なんでしょう。

 

ギーガーに対抗するためにマンモスのゼツメライズキーを持っていた時点、滅亡迅雷のデータを持っていることは明らかなはずなのに、なぜ隠したのでしょう?イズに知られてはいけないというよりも飛電に知られてはいけないということでしょうかね?

 

やはりA.I.M.S.とザイアという会社に何か秘密があるんでしょう。ザイアという会社はおそらくヒューマギアでトップシェアを誇る飛電のライバル会社なんでしょうね。

 

A.I.M.S.はマギア化したヒューマギアをザイア製の仮面ライダーが破壊してはいますが、マギア化を手助けしているのがザイアの製品(ゼツメライザーとゼツメライズキー)で、飛電のヒューマギアの評判を落として、ザイアのヒューマギアのシェアを伸ばそうとしてるのではないでしょうか。

 

入院中の不破はきっと何も知らずに、

不破諫

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

制御不能となったヒューマギアを破壊してるだけに過ぎないでしょうが、唯阿は技術顧問で、おそらくザイアの社長と思われると人物ともつながっている様子。ということはザイアが何をやっているのかも知っているので、飛電の社員みたいな感じのイズに嘘をついちゃったんでしょう。

 

そうなると、飛電の社長室に唯阿を安易に入れちゃったのはマズかったかもしれませんね。唯阿がこっそりと飛電の技術を盗んでいることも考えられます。嘘をついたことで唯阿がかなり怪しい存在になりました。

 

滅亡迅雷は「アーク」の意思に沿って行動していると言っていましたが、その「アーク」とザイアがつながっているなら、唯阿は一気に敵側の人間となってしまいます。せっかくの女性戦士が敵だなんて、

せっかく可愛いことに気づいたのに、せっかくヒーローになりたがっているのに敵だなんて、実に残念です。

 

明日の最新話には疑惑が晴れるといいですね。

スライディングするイズ

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

そういえば、機敏に動くイズも可愛かったですね。イズの可愛さも毎週更新し続けています。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング