大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダージオウ』第40話(電王編)

変身!ろけねおです!

その日のうちに感想を書き上げてしまうのは初めてです。

 

電王編もいよいよ最後。あいだ1週空いてしまいましたので、どんな話だったのかを思い出すのに時間がかかってしまいました。

 

『仮面ライダー電王』の最終回は、少し前に上映された映画(仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER)であると思っているので、

loca-neo.hatenablog.com

今回の『ジオウ』の電王編はなんとなくテンションが上がらぬままでした。『電王』が大好きだったのであんまりいじってくれるな、って気持ちにもなっちゃいました。

モモタロスが憑依したウォズ

モモタロスの憑依シリーズは結構好きなので、ウォズに憑衣したときはワクワクしたのですが、

モモタロスのが憑依したウォズ

出典:仮面ライダージオウ公式サイト

すぐに仮面ライダーウォズに変身してしまって、残念でした。もうちょっと観たかったです。

 

仮面ライダーに変身前の人が憑依されるから面白いのであって、変身してから憑依されても、それは中身の人(スーツアクター)がモモタロスの中身の人と同じ可能性があるので、普通のことのように思えて面白さ半減でした。

 

また変身してからも、普段のモモタロスは必ず剣を持って戦うのに、躊躇なく素手で戦いを挑みました。仮面ライダーウォズに武器がないのなら、致し方ありませんが、ガッツリありますからね。

ちょっとしたことではあるのですが、こういうところを丁寧にやってくれないと冷めます。

クライマックスフォームなのに・・・

電王編のクライマックスを迎えるところで、電王はクライマックスフォームにフォームチェンジしました。

久しぶりに4人のイマジンがそれぞれの部位でしゃべるという姿を見れて嬉しかったのですが、ここで観たかったのは、ジオウトリニティとの共演です。

お互いの肩同士で喋りだしたりしたら面白いだろうな〜と思っていたのですが、ジオウは残念ながらグランドジオウになった後でした。

 

そこはこじつけでも何でも良いから、ジオウトリニティを出して欲しかったです。ま、ライドウォッチが全部揃うタイミングが電王編だったので仕方がありませんがね。

今回の全部のせフォーム

さて、そのグランドジオウですが、毎度おなじみ全部のせフォームです。

この手のフォームは『ディケイド』からですかね。

いや『仮面ライダーブレイド』もそうでしたね。

『ディケイド』以降に多く全部のせフォームが登場してますが、いずれもカッコ悪いです。

 

でも、今回のグランドジオウは比較的カッコいいほうです。ブレイドのキングフォームっぽくて、カッコよく仕上がっているように思いました。

 

ただ、技がボタン押したら後はおまかせというのは、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。また、時を操れるのはズルいです。

 

ただグランドジオウ・ライドウォッチを装填したときの音声は楽しかったです。

歴代平成ライダーの変身時の音声が次々と聴けるのです。これはライドウォッチには全く興味が湧かなかった僕ですが、ちょっとドライバーが欲しくなってきました。

 

もうすぐ公開される映画の中でドライブ編をやるらしいので、これで過去のライダーとの共演は終わりということになりますかね。ここから10話ほどは『ジオウ』独自の物語を過去のライダーに絡めずに展開していくことになります。

 

そうなると、一気に興味が薄れてしまうところなのですが、映画をしっかり楽しむためにもきっと来週も観ておいたほうが良いはずなので、観ます。

zi-o-ryusoul.com

それではまた。


特撮ランキング