大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』感想

変身!

こんばんは、ろけねおです。 

 

映画を観てまいりました。

zi-o-ryusoul.com自分ではあんまり盛り上がっていない『ジオウ』の映画なのでどうなることかと思っていましたが、結果、ムチャクチャ面白かったです。なるべくネタバレしないように書くつもりですが、バレてたらごめんなさい。

ここに来て血が通ったキャラ

単純にキャストのみなさんの芝居が上手くなったということなのかも知れませんが、この映画ではお馴染み『ジオウ』の主要キャラにテレビで観るより血が通っているように思えました。

 

撮影してるのは今のテレビで放送している分よりも前に撮影していると思いますが、映画の撮影を終えて彼らは一回り大きくなったのかもしれません。ということは今の『ジオウ』が一番熱いということになるのに、ちゃんと観てません。反省。 

 

テレビで観てた時より映画のほうが感情移入ができました。

 

何しろ、ソウゴもまた加古川飛流のように使い捨てられようとしていましたし、今まで『ジオウ』観てきた時間は何だったんだ?とソウゴと同じような切なさがあったからだろうと、今思っております。

 

全てが無にしてしまうという、今回の悪役、ISSAさん演じる仮面ライダーバールクスのインパクトがデカかったということです。

※右の人がISSAさんです。

悪いやつがしっかり悪いことをしてくれると物語は盛り上がります。

 

以前からISSAさんは仮面ライダーが好きだと言っておられましたし、『仮面ライダー555』の主題歌を歌っておられたり、

『仮面ライダー THE FIRST』ではショッカーの幹部役でご出演なさっていたりしていたのですが、

仮面ライダーには変身させてもらえてませんでした。

 

ついにこの映画で変身してます。ムチャクチャカッコいいので、歌って踊る人が芝居でしかも悪のボスで大丈夫かと心配になっている方は、心配ご無用ですので、ぜひ劇場でご覧下さい。

敵ライダーをもっとコッテリと観たい

ライダーがワンサカ出る映画はいつも脚本が適当で、とりあえずワンサカ出しときゃ子供はもちろん、仮面ライダーオタクも喜びよるやろ、という脚本になることが多い気がします。

 

確かに喜ぶんですけどね。

 

それなのに今回はワンサカ出てくるけども、脚本が適当な感じにはなっていなかった(ちゃんとした映画なんだから当たり前といえば当たり前なのですが)のが実に素晴らしいことでした。

 

ただ、そのおかげで割を食っちゃったキャラクターが映画用の敵ライダーです。

常磐SOUGO/仮面ライダーバールクス

ジョウゲン/仮面ライダーザモナス

カゲン/仮面ライダーゾンジズ

出典:劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer 公式サイト

顔に文字が入るという斬新なデザインなのに、なぜかカッコよく見える良いデザインの『ジオウ』系のライダーですが、敵ライダーはさらにいい仕上がりで、仮面ライダーウォズより全員カッコいいデザインになっていました。

 

それだけにもっともっと活躍するところを観たかったのですが、割とあっさり味でした。

 

パンフレットに書いてあったんだったかな?それぞれの名前がモチーフになっているライダーの名前をもじっているんだったか、アナグラムになっているんだったか、なんですね。

 

バールクスは『仮面ライダーBLACK』と『RX』がモチーフで

ザモナスは『仮面ライダーアマゾンズ』がモチーフで

ゾンジズは『仮面ライダーZO』と『仮面ライダーJ』がモチーフだったはずです。

あれ?『真仮面ライダー』はどうしたかな?どれかに混じってたかな?

 

ともかく、懐かしいライダーが入っている敵なので、それぞれのライダーのファンだった人はもっともっとそれぞれのライダーを思わせる技を観たかったんじゃないかと思います。

 

いずれのライダーも僕はあんまり観たことがないのですが、バールクスがBLACKの技を使ったときはテンションが上りましたから。

 

それがちょいと残念でしたかね。

平成ライダー総ざらえ

平成ライダーが多分全部出てました。

 

平成ライダーから除外されている『仮面ライダーBLACK』は放送中に元号が変わりまして、平成になったので平成最初のライダー『BLACK』なのです。だからBLACKはもちろんのこと、仮面ライダーシン?もZOもJもみんな平成ライダーなのです。

 

ただ、この辺りのライダーはこれまでのお祭り騒ぎ映画に呼ばれてたので驚きはしないでしょうけど、この人が出てきたのには、腰抜かすほどビックリしました。

木梨猛の登場には場内大爆笑でした。お父さん世代しか笑ってませんでしたが、しばらくざわついてました。

 

ちょうど『仮面ノリダー』が放送されていた頃は仮面ライダーが地上波で観られない頃で、この頃に少年時代を過ごしていた人の記憶には、仮面ライダーといえば仮面ノリダーだった人も多くいるとか。

 

たまりません。

 

さらには『仮面ライダーG』も登場しました。

これにもシビレました。

 

そうだ、仮面ライダーGは正式なライダーだったわ、と思い出しました。

 

平成に生まれたライダーは全て網羅されています。総ざらえ。平成のラストを飾るにふさわしい作りになっていました。

 

実は今回、舞台挨拶も観れました。

劇場版仮面ライダージオウキャスト舞台挨拶

僕のスマホではこれが限界で。全員顔ちっちゃかったです。そして、ツクヨミちゃん、あんまり好みではないと書いてましたが、ホンモノを見るとムチャクチャかわいかったです。

 

ということで、最高のライダー映画に仕上がっておりますので、ぜひ劇場で御覧下さい。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング