大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『仮面ライダージオウ』第1話 感想文

変身!

どうも、仮面ライダー大好きろけねおです。

 

ついに平成最後の仮面ライダー『仮面ライダージオウ』スタートしました。

www.tv-asahi.co.jp

このところ、仮面ライダーをリアルタイムで観るようなことはほとんどなく、録画をしていてお昼すぎとかゆっくり観ていたのですが、今回は第1話ということでしっかりリアルタイムで正座して観させていただきました。

 

次週が待ち遠しくなるような最高のスタートを切ったんじゃないかと感じております。このワクワク感を最後まで持続してくれることを祈ります。

出だしはディケイドっぽかったが・・・

どうしても『仮面ライダーディケイド』と同じようなネタですから、

長らく仮面ライダーを観てきたものとしてはこの『ジオウ』がディケイドとの違いをどう打ち出し来るかというところが第1話の見どころでした。

 

さっそくゴチャゴチャの中でスタートして、ヒロインが災難にあうというのは同じで、『ディケイド』かぶりにビビらない姿勢で制作されたのかと思ったのも束の間、主人公が高校生ということもあり学園生活の中のライダーという雰囲気で『ディケイド』というより『仮面ライダーフォーゼ』でした。

だいたい第1話はキャラクターのクセが強いのが出てきて、このクセが気持ちよかったら以降楽しめるし、ダメだったら以降も新キャラが出てくるまでつまらんとなってしまいがちなのですが、『ジオウ』ではクセの強いキャラが出てこなかったのが良かったと思います。

 

それでなくとも毎週毎週過去のライダーが出てくるのですから、濃くなるので『ジオウ』の面々はそんなに濃くする必要はないと思います。

 

主人公も「将来王様になる」というちょっとイタイことを言う以外は特に変なところがなくて、安心しました。何しろ本当に王様になるんだから、まあいいかと思わせます。

ターミネーター的

少し前に『ターミネーター2』の続編となる映画が制作されるというような話がありました。

gigazine.net

『ジオウ』もなんだかターミネーター的なストーリーになりそうな感じでした。『ターミネーター2』で言えば

現時点では最新型のターミネーターでジョン・コナーを狙うT-1000が仮面ライダーゲイツで、ジョン・コナーが仮面ライダージオウで、ジョンを守るサラ・コナーがツクヨミ、ジクウドライバーとライドウォッチがジョン・コナーを守るターミネーターT-800といったところでしょうか。

 

『ジオウ』ではここにさらにアナザーライダーに過去のライダーが絡んでくるのですから複雑な展開になること間違いなしです。1話たりとも見逃すと面倒なことになります。

変身ポーズがいい感じ

『仮面ライダーエグゼイド』、『仮面ライダービルド』とここのところのライダーは変身ポーズが割とあっさりしてました。

変身するまでの過程はドンドン派手にはなっていますけど、変身ポーズはあっさりとしたものです。

 

ところが『ジオウ』ではジオウもゲイツもしっかり変身ポーズを取って変身します。僕は変身ポーズが大好きですので、大変嬉しかったです。『仮面ライダードライブ』以降ドライバーを買いたいとは思わなかったのですが、

これだけしっかりと変身ポーズを決めていただくとジクウドライバーも欲しくなっちゃいますね。

今のところ、一切鼻につくところがなく、やっぱり期待しかありません。予告で見たときよりもツクヨミを演じている大幡しえりさんも可愛く見えましたし、

大変良かったんじゃないでしょうか。彼女は写真で見るより動いているときのほうが可愛く見えますね。これでもう少し僕の好みに寄せた女性キャストが一人ないし二人追加されると最高です。

 

平成の最後をどう盛り上げてくれるのか楽しみになりました。毎週、感想を書くことになりそうです。どうかひとつよろしくお願い致します。

 

それではまた来週!