大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第14話 感想

リュウソウチェンジ!

こんばんは、ろけねおです!

 

今ひとつ乗れなかった『リュウソウジャー』ですが、ついに14話にして追加戦士が出てきました。過去のスーパー戦隊においても、追加戦士が入ってから急に面白さが増した作品もありましたので、これは期待大です。

追加戦士はキョウリュウジャー

『リュウソウジャー』は最初から『獣電戦隊キョウリュウジャー』とそっくりで、いかに『キョウリュウジャー』と差別化が図れるかがテーマだと勝手に思いながら観ております。

追加戦士が金色だと知りまして、そこはかぶせてきたんだな〜とちょっとだけガッカリしました。とはいえ、金といってもいろいろございます。デザインによってはきっちりと差別化が図れるはずだとワクワクしておりました。

 

ちなみにこちらが『キョウリュウジャー』の追加戦士のキョウリュウゴールドです。

金をベースに青が差し色で入っております。そして、こちらが今回追加になりました。リュウソウゴールドです。

リュウソウゴールド

出典:騎士竜戦隊リュウソウジャー公式サイト

一緒やないかい!『キョウリュウジャー』の時にボツになったのがそのまま流用されたような既視感の強いデザインです。この『リュウソウジャー』の既視感の強さは「騎士竜戦隊」だけに、わざとやっているんだと思います。

騎士竜戦隊リュウソウジャー - Wikipedia

プロデューサーの丸山は過去の恐竜モチーフの戦隊は特に意識していないという

とても信じられません。

 

さらに画像でおわかりのように、このゴールド、銃で戦います。『騎士竜戦隊』なので、他のメンバーは剣を使うのですが、

海のリュウソウジャーということで、水中では剣は振れないから銃なんでしょうね、きっと。ただ武器と変身アイテムが銃となってしまいますと、それこそ『キョウリュウジャー』です。

ゴールドの銃は剣にも変形するという既視感あるギミックが搭載されていますが、せめてデザインをもうちょっと水中銃寄りにするとかできなかったのでしょうか。銛を飛ばす長いので、銛の後ろにロープが付いている、アレです。

 

カッコいいデザインだから良いんですけど、どうにもワクワクした気持ちが宙に浮いてしまったみたいで、気持ち悪かったです。

婚活戦士

デザインとか変身の仕方などは、スーパー戦隊も長いことやってますから、既視感があるのはある程度は許容しましょう。ただ、人物の設定までも同じということだと、これはちょっと厳しいな〜と思えてきます。

 

キョウリュウゴールドが空を飛ぶ恐竜の戦士だったのですが、リュウソウゴールドは海の騎士竜の戦士でした。まずここが大きな違いです。大きいですか?

 

そしてもう一つは、リュウソウゴールドは嫁探しに地上に上がってきたというのです。ここが斬新。婚活という言葉をスーパー戦隊内で聞けるとは思ってもみませんでした。ついに新鮮味が出てきたのです。

 

今後、ストーリーもパッとしなかったここまでの『リュウソウジャー』が、この設定を活かすことでナンボでも面白くなりそうな気がします。

 

間違っても同じメンバーのピンクに恋するとか、そういうのは止めて下さい。メンバー間の恋愛も既視感が強いですので、もう結構です。

 

先々週、リュウソウ族の人が総理大臣でした。そういう感じで普通の人の中にリュウソウ族の人がそこそこ混じっているということが判明しました。そこでたまたま恋した人がリュウソウ族の人だったら、さらに追加戦士して働いてもらうことができそうです。この場合リュウソウシルバーということになりますかね。

 

ゴールドは「栄光の騎士」という二つ名がありますが、嫁さんは「新婚の騎士」で良いじゃないですか。夫婦で追加戦士というのは実に新鮮です。途中嫁さんが産休に入るという展開も面白そうです。

 

また、普通の人間を嫁にして、普通の人間がリュウソウジャーになるという展開もありえます。いかにして普通の人間がリュウソウジャーになるのかという話や、混血児がメチャクチャ強いという、これは既視感ある展開ですが、そういう話にも発展させられます。

 

ゴールドに「婚活」という設定を組み込んだのは、14話にしてやっとヒットを打ってくれたという気がします。期待しましょう。

空のリュウソウジャーは?

海の戦士が出てきたということは、空の戦士も当然どこかにいるはずです。敵は宇宙からやってきたということは、空を飛ぶことくらいは造作も無いことなので、そのうちロボ戦で空中から攻撃を仕掛けられて苦戦するという、これまた既視感の強い展開が考えられます。

 

『キョウリュウジャー』では海の戦士は紫でした。

ということは『リュウソウジャー』では空の戦士が紫になるのではないかと、思う次第です。

 

すでに紫の戦士は出てきます。明日、久しぶりにその姿を現すようです。

ガイソーグ

出典:騎士竜戦隊リュウソウジャー公式サイト

今はガイソーグというこれまた聞き間違いかな?と思うような名前のキャラですが、デザインは完全にリュウソウジャーです。たぶんこの名前、漢字で書いたら「外装具」になるんじゃないかと思うんですが、キャラとしても中身がない鎧なんですね。

 

つまり、悪い意志が働いて悪者になってますが、心の強い正義のものが身につけることにより、きっとリュウソウバイオレット、もしくはリュウソウパープルになるはずです。

 

キョウリュウバイオレットは当初、おじいちゃんが変身していました。すぐに孫娘が跡を引き継ぎましたが、既視感を重視するなら、ここはおじいちゃんに変身してもらいたいです。

ケバブ屋の団時朗

出典:騎士竜戦隊リュウソウジャー公式サイト

当然、この方にバイオレットになっていただきます。

 

僕は子供の時、ウルトラマンの中では『帰ってきたウルトラマン』が一番好きでした。

絵の上手な母に帰ってきたウルトラマンを描いてもらった思い出があります。その絵のウルトラマンのスペシウム光線を打つ腕から、僕が色鉛筆でカラフルにスペシウムの光を描いて、それで絵は完成し、それをふすまに貼って眺めてました。

 

だから、僕にとって団時朗さんも特別なのです。すっかりおじいさんになってから、帰ってきたウルトラマンに変身したのも感動しましたが、等身大のヒーローになるのもまた、格別の喜びが待っているように思います。

 

キョウリュウバイオレットと同じく、すぐに後継者が現れるという展開でもいいので、リュウソウジャーの大ピンチにケバブを放り投げて変身する長老の姿がみたいです。

 

追加戦士の登場によって、以前より断然『リュウソウジャー』が楽しみになりました。

 

それではまた。

See you next!


特撮ランキング