大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』鑑賞記

変〜身!ろけねおです!

アホな挨拶でごめんなさい。

 

『仮面ライダービルド』の映画を観ているということは、当然『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の映画も観ているということです。今回はその感想を書きます。

www.build-lupin-vs-pato.jp

映画を観る直前にパトレン3号のグラビアを見ちゃった

先週、ビルドチームの舞台挨拶を選んだのは、女性陣がビルドチームのほうが好みだからだとハッキリ書いたわけですが、 

ビルドチームを選んだあとにヤングマガジンの表紙をパトレン3号を演じている奥山かずささんが飾っておりまして

ビルドチームの舞台挨拶を選んだことをほんのり後悔してしまいました。

 

こういうのを見ると、パトレン3号さんは正統派な美人だったんだな〜と、なんであんな男言葉を使う、無理して男になろうとする刑事キャラにしたのか、普通にカッコいい女性警察官で良かったんじゃないかと思う次第です。魅力をぶっ壊している気がします。

ルパパトエックスが不自然

撮影時期がかなり前なのでしょうから、ルパパトエックスが戦隊の皆さんと、TV版に登場したときには、どう絡んでいるかわからないので、映画ではルパパトエックスが出てはいるのですが、絡まないという形をとっています。

でも、テレビではガッツリ絡んでますから、ちょっと不自然な感じがずっとしてました。というか、初登場から絡みまくっていますので、彼一人だけ別行動を取っているのは違和感がありました。

 

この映画を観る大半のちびっこは、そんなこと気にしないんでしょうが、オッサンとしてはルパパトエックスが絡めない事情というのを作っておいてもらうと、もう少しすんなり観られたと思います。

ジャックポットストライカーの特別感のなさ

映画用なのか、これからテレビでも継続して出てくるのかわかりませんけど、ジャックポットストライカーというのが出てきまして、

これまでルパンレンジャーかパトレンジャーかどちらかしかロボットで戦えなかったのですが、片方の戦隊がグッドストライカーと合体して、もう片方の戦隊がジャックポットストライカーと合体することのよって、ロボット戦でも共同戦線を張れるようになります。

 

でも、TV版ではルパパトエックスのロボットを間に挟んで、ルパパト両方のビークルがくっつくグッドクルカイザーVSX↓というのが登場しました。

グッドクルカイザーVSX

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー公式サイト

なので、映画ならでは豪華さは演出できてませんでした。 映画のほうが豪華さで負けるのは、ちょいと寂しいものがあります。

アクション満載でちびっこを飽きさせません

とはいえ、最初から最後までアクション満載で、ストーリーも途中にシリアスな場面が入る仮面ライダーと違って、トントント〜ンと進んでいきますので、ちびっこを飽きさせずに最後まで観ることになるでしょう。

 

オープニングの大乱闘も、TV版とは違ったカメラワークに興奮すること間違いなし。終盤のロボ戦も2対2のタッグマッチはテレビでは観られない形で、豪華さには欠けるもののカッコよさでは、TV版の上をゆくのではないでしょうか。

 

ルパパトエックスの活躍がほぼないので、それを期待するとガッカリしてしまいますが、それ以外のファンの方ならまず間違いなく楽しめますので、是非劇場でご覧ください。

 

それではまた来週。

アデュー!