大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『怪盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー』始まる

どっちかというとルパンレンジャーのほうが好きな

ろけねおです!こんばんは!

 

 

今回は兄弟ブログ『全てはプロレスである!』にて2018年2月12日に書いたものを、加筆修正を加えて、こちらに移動させたものです。

 

宜しくお願い致します。

斬新なスーパー戦隊

ついに始まりました2018年新スーパー戦隊です。

『怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察パトレンジャー』でございます。

 

VSシリーズというのは以前からスーパー戦隊ではありまして、新しいスーパー戦隊と先代のスーパー戦隊が同時に出てくるというお話で、大体初っ端はお互いのことを知らないので揉めてしまうのですが、最終的には協力して共通の敵を倒すというパターンです。

こんな感じですね。本来ならそろそろ『ジュウオウジャーVSキュウレンジャー』があってもよさそうなのに、それをすっ飛ばして『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』となったわけですね。斬新です。

ネタ切れからのワクワク

最初にこの戦隊名を知ったとき、いよいよスーパー戦隊もネタが切れちゃったんだな、これまでとは違うモチーフで、なおかつちびっこが食いつくものとなると、もう出尽くしたんだなという印象を抱きました。

 

なにしろ、宝を求めて奔走するスーパー戦隊といえば『轟轟戦隊ボウケンジャー』がありましたし、

※ボウケンジャーは大好きなスーパー戦隊でDVDをちまちま購入してましたが、今やアマゾンプライムビデオで観れてしまうので途中で購入ストップしちゃいました。

警察関連も『特捜戦隊デカレンジャー』というのがありました。

※こちらも最高です。

それぞれ独立したスーパー戦隊だったら、既視感があったでしょう。そこで同時に2つの戦隊を出すことで、これまでとは違う新たなスーパー戦隊の形を提示しようとしているんじゃないか、これはスゴいことになるんじゃないか、と逆にワクワクしてきたのです。考えたな〜と。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー - Wikipedia

チーフプロデューサー・宇都宮孝明は前作『宇宙戦隊キュウレンジャー』でシリーズに変革を求められていることを感じ、本作ではまず従来のモチーフが違うだけで内容に変化の少ない戦隊のフォーマット自体を変えようということになり、「戦隊VS戦隊」をフォーマットとすることにした。

やっぱりそうだったのか。新しい試みはワクワクします。

女性陣がグレードアップ

前作の『宇宙戦隊キュウレンジャー』が僕の中でさっぱりピンとこなかったのは、キュウレンジャーの女性メンバーが全くタイプじゃないというのが大きかったのです。

さて、今回の女性メンバーはどういう方が演じておられるでしょうか。1年楽しむためには大きな要素なので気になります。

 

まずはルパンイエローは工藤遥さんという方が演じておられます。

この方、元モーニング娘。なんだそうです。

 

そしてもうお一方、パトレン3号は奥山かずささんという方が演じておられております。

ご覧通り、どちらもべっぴんさんです。このお二人なら1年間楽しめそうです。

 

第1話を観ただけでは、どういうキャラクターなのかまだ把握しきれてませんが、嫌悪感はありませんでした。良かった、良かった。

 

追記

どちらかといえば奥山かずささんのほうが好みだったんですが、パトレン3号こと明神つかさというキャラクターが男言葉を使うキャラだったことだけは最後までなじめませんでした。男勝りの刑事であるのは良かったんですが、なんで言葉まで男言葉にしたのか。男言葉にすることでナチュラルに男に媚びてるというか、男より下という意識があるという気がしてイヤでした。

ビバリーヒルズコップだ!

第1話にはこれからが楽しみとなる仕掛けが山盛りありまして、近年これほど先が気になる第1話があっただろうかという出来であったと思います。しかも、2戦隊あるためにもう一つの戦隊であるパトレンジャーの変身は初回であるにも関わらず簡易なものでした。

 

ということは、第2話では第1話のルパンレンジャーのようにその変身プロセスを丁寧に描かれるはずです。第1話の楽しみがまた来週も観られるのです。単純に戦隊が1チーム増えただけではなく、これまでの戦隊の2倍の楽しみが毎週展開されるというわけです。

 

これがおもしろくないわけがありません。しかも、今回のルパンレンジャーの変身はカッコよく仕上がってました。しかもデザインもまた面白いです。

これはルパンイエローなのですが、このゴーグルのデザインがシルクハットなんです。ルパンレンジャーのほうはみんなゴーグルのデザインが形の違うシルクハットなんです。怪盗ルパンと言えばシルクハットとマントですよね。

どの辺がルパンかと思っていたのですが、ちゃんとルパンになっていたのです。本当に素晴らしいです。

 

さて、ルパンレンジャーにも感激したのですが、今回の第1話で僕が最もシビレたのはパトレンジャー側のキャラクターです。パトレンジャーは警察なので、管理官がいます。その管理官はヒルトップというキャラクターをなんと黒人なのです。

アイクぬわらという方が演じておられるのですが、見た目が完全にビバリーヒルズコップのアクセル刑事でした。

管理官なのでスーツ姿でしたが、これがスタジャンを着て現場に出るシーンがあるんじゃないかとワクワクさせます。

 

また、デカレンジャーのことを考えればお偉いさんが変身する可能性はないとはいえません。黒いパトレンジャーが出てくるんじゃないかというのもまたワクワクさせます。その場合、何号になるんだろ?

 

追記

これは結局ありませんでしたね。ビバリーヒルズ・コップいじりは下に書きました年末のあの番組で騒ぎになりましたので、避けたんでしょうかね。せっかくのキャスティングが最後のほうはほとんど活きてなかったのはもったいなかったです。

 

しかも、少し前にビバリーヒルズコップのアクセル刑事は話題になりましたね。

www.loca-neo.com

実にいいタイミングでのアクセル刑事似の警官の登場が、最も僕をワクワクさせました。

 

仮面ライダービルドもますます楽しくなってきましたし、日曜日の朝を迎えるのが毎週楽しみになりました。始まったばかりですので、まだ観ていない方は今からでも間に合いますので、ぜひご覧下さい。

 

それではまた。

アデュー!


特撮ランキング