大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

映画『M.I.B.3』感想

『M.I.B.』は1も2も観たような気がするのに、どんな話だったかサッパリ思い出せない状態で『3』を観ることになりました、

ろけねおです、こんばんは! 

 

現在絶賛公開中の『M.I.B.インターナショナル』の予告編を何度も観たのですが、

www.meninblack.jp

その前の『3』観てないと、この映画を仮に観に行っても楽しめないんじゃないか、また僕の知ってる『M.I.B.』は、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスだったのに、新しいのは『マイティー・ソー』の人が出てるじゃないか、こりゃ違う作品なんじゃないか、とか思って観に行きませんでした。

 

でも気になっていたので、まずは『M.I.B.3』から観てみることにしました。

ちなみに吹替で観てから、字幕でも観ました。若干言葉の意味が違っていたりして、面白いですね。二回続けて映画館で映画を観ることはほぼありませんが、ウチで見るなら吹替と字幕、両方で見ると面白さ1.5倍増しです。

若い時のKがトミー・リー・ジョーンズの声だ

ボスのCMでお馴染みのエージェントKことトミー・リー・ジョーンズさんですが、今回はちょっぴりしか出てきません。

それはなぜかと申しますと、相棒のエージェントJことウィル・スミスさんがタイムスリップするからです。頭が混乱しがちなタイムスリップものということで、やや不安になりましたがこの映画は比較的わかりやすいタイムスリップものでした。

 

映画の大半は過去での出来事でして、若い時のKことジョシュ・ブローリンさんとJが活躍する話になるのです。で、このジュシュ・ブローリンさんの声がトミー・リー・ジョーンズさんとよく似てるんですね。顔もそこそこ似てるんですが、声が同じ、いやトミー・リー・ジョーンズが若返ったらこんな声だろうな〜という声だったのです。

 

それはもちろん、吹替で観た時の話ではないですよ。字幕で観て驚いたんです。そもそも声の似てる人をキャスティングしたのか、ジョシュ・ブローリンさんがトミー・リー・ジョーンズさんに似せたのかはわかりませんが、声が似ているので顔も似ているように見えてきます。

 

吹替を先に見たので、字幕が出てるけど、英語の吹替でトミー・リー・ジョーンズさんが吹き替えてるのだろうと途中から思うことにしました。本当のことはわかりません。

 

それより驚いたのは、このジョシュ・ブローリンさん、最近観た『アベンジャーズ』のヴィラン、サノスを演じた人なんだそうです。

あれCGじゃなく人が演じてたの?声だけ?よくわかりませんが、サノスだったことが1番驚きました。

M.I.B.で泣く

出てくるシーンには全部ちゃんと意味があって、出てくるキャラクターにも全部役割がある、無駄なものは何もないというスッキリとした物語が好きです。そうじゃない物語などほとんどないのですが、そうにしか思えないときがたまにあり、それは僕が単にアホなのか、作り手の物語の進め方がバカなのか、その両方か、それはわかりません。

 

『M.I.B.3』は無駄が一切なく、かなりスッキリとした物語でした。しかも、このシリーズはコメディタッチのSFアクション映画というジャンルだと思って観ていて、コメディもSFもアクションも好きな僕としては、それお一つの作品で楽しめるので幕の内弁当的でありがたい作品です。

 

つまり問答無用の面白さだったのですが、これだけで充分なのにここにさらに泣きの要素を詰め込んであるんだから、たまりません。

 

Jがタイムスリップする前、Kはボリスという宇宙人に過去で殺されて、現代の人間はもう誰もKのことを覚えてませんでした。大事な相棒を救うためにJはタイムスリップして、Kが殺される前にボリスを殺しに行くのです。

 

作戦は上手く行ったのですが、協力してくれた軍の人が、Kをかばって若き日のボリスに殺されてしまいました。Kは殺されませんでしたが、ボリスが人を殺すという歴史は書き換えることは出来ず、Kの代わりに軍の人が殺されてしまったのです。

 

その軍の人は実はJのお父さんでした。誓うの車でお父さんを待っていた少年時代のJにニューラライザーで記憶を消しながらお父さんが英雄であることだけを伝えました。

 

こうやって文章で書くと、どこに泣けるところがあったのかわからなくなってしまいましたが、このシーンでポロポロと涙が流れてしまったのでした。

 

この物語の主人公であるエージェントJとエージェントKが過去の縁が描かれていたことで、再び『1』を観直してみると、JとKの出会いは偶然のように描かれています。後付でしょうが、『3』を観るとそれは必然の出会いであったことになっているのです。

 

小さい頃の父を亡くしたJをずっとKは見守っていたのかも知れない、『1』では偶然を装っていたけども、実は最初からKは自分の代わりに死んでしまった父親の代わりに自分の近くで見守ろうとしていたのかも知れない、なんて思うとまた泣けて来るのでした。

 

でも、JがM.I.B.のエージェントになったらKは引退しちゃうんですけどね。

 

都合よく妄想しすぎてしまいました。

最新のM.I.B.はどうなるのか?

ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズのコンビだから、M.I.B.は面白いのだと何となく思っていたのですが、『3』を観て何もトミー・リー・ジョーンズである必要はないのかも知れないと思いながら、今度は『2』も見直しました。

 

『2』はイマイチでした。このコンビだから面白いというわけじゃない、『3』の脚本が実によく出来ていただけだったというのがわかりました。

 

そうなると最新作の『M.I.B.インターナショナル』が面白いかどうかも、他の数多ある映画と同じで脚本が良ければ面白いという当たり前の結論に達するのでした。

 

でも、観に行かなくては脚本が良かったのかどうかなどわかるはずもないのでした。気になるなら、観に行け、ということです。

 

結局短期間のうちに3作とも観てしまいましたが、『3』がぶっちぎりで面白いです。ぜひご覧下さい。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング