大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『魔進戦隊キラメイジャー』ですって

いよいよ新しいスーパー戦隊の話題が出てきまして、ワクワクドキドキしているろけねおです。

こんばんは。

 

新しいスーパー戦隊と思われる名前が商標登録されているようです。

f:id:locatedonneouni:20191002095433j:image

令和のスーパー戦隊は『魔進戦隊キラメイジャー』になるようです。

 

特撮界隈ではどんなスーパー戦隊になるのかをみんなで想像する楽しい時間に入っています。

togetter.com

ということで、僕も想像していきます。

魔進=マシンか

「魔進」という言葉を僕らは知っています。多くの人がこちらを思い浮かべたでしょう。

そうです、「魔進チェイサー」です。このあと、仮面ライダーチェイサーになります。

正直言うと、「チェイス」なのか「チェイサー」なのか、すぐにわからなくなります。

 

これはどういうことかと申しますと、「魔」というのは魔界の「魔」とか悪魔の「魔」です。ドラゴンボールでおなじみのピッコロ大魔王も自らのロゴに「魔」の文字を使っています。

つまり、悪者ですとわかりやすくしているわけです。

 

だから、一瞬『キラメイジャー』は悪の戦隊かと思わせます。いや、思わない。戦隊がつくことで「魔」は違う意味になるのです。

 

と、とりあえずそれは置いておいて、読み方に注目してみます。

 

「ましん」と読むわけですが、これはおそらく「マシン」=「machine」でしょう。これは機械のことですが、通常特撮で使われる場合はバイクや車といった乗り物を指すことが多いです。

かつて『星雲仮面マシンマン』というヒーローがおりました。マシンマンはその名の通り?変身するときに体全体をスポッと収まる形で車の中に入ります。僕の文章力が拙くてどういう変身をするのかサッパリわからないと思いますが、とにかく車で変身するのです。

星雲仮面マシンマン - Wikipedia

普通車は座って運転するのですが、マシンマンは寝たまま運転します。それくらい車が平べったいということです。しかも頭が前なので車を運転するとき、マシンマンは地面を観ています。そういうさまを見た人が彼を「マシンマン」と呼び、マシンマン自身がそれを気に入って、それ以降マシンマンを名乗ります。

 

つまり、マシンとは車を指すことが多いということです。

 

スーパー戦隊では大きく2つの流れがあります。テクノロジーを駆使して闘う機会やコンピューターを全面に押し出した戦隊とそれ以外です。仮面ライダーも大体そうですね。それは大抵交互に放送されます。

 

たとえば2015年の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』⇒2016年の『動物戦隊ジュウオウジャー』⇒2017年の『宇宙戦隊キュウレンジャー』となっていますが、『ニンニンジャー』がテクノロジー系、『ジュウオウジャー』がそれ以外系で、『キュウレンジャー』が再びテクノロジー系となっています。

 

ただややこしいのが『快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー』がテクノロジー系とそれ以外を一遍にやってしまい、現在放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』もまた機械感バリバリでありながらも恐竜モチーフとテクノロジー系とそれ以外系が混ざっています。

 

この流れで行くと「魔進」は「マシン」というテクノロジー系である同時にファンタジーの王道「魔法」も混ざってくるのではないかと思うわけです。

「魔進」の「魔」は「魔法」の「魔」

一旦、横に置いておいた問題を戻します。「魔」は悪者を指す場合が多いけど、戦隊が後ろにくっついたことで違う意味になると書きました。違う意味とは「魔法」の「魔」であるということです。

 

魔法で戦隊と申しますと『魔法戦隊マジレンジャー』が出てきます。

こんなブログを書いている身でありながら、大変書きにくいことではありますが、僕は『特捜戦隊デカレンジャー』からリアルタイムでスーパー戦隊を観続けておりますが、2005年の『魔法戦隊マジレンジャー』だけはちゃんと観ていません。早々に脱落してしまったのです。

 

全く観ていなかったというわけではないのですが、いい加減に観てしまっていたので内容がサッパリです。

 

しかも、魔法と言えば『ハリー・ポッター』ですけども、

『ハリー・ポッター』もまた僕は一切観ていないのです。

 

つまり、魔法と僕は相性がよろしくないのです。

 

これが今回の『魔進戦隊キラメイジャー』という名前を観て、最初に考えたことでした。今やっている『騎士竜戦隊リュウソウジャー』ももう感想を書くのを止めてしまうほど、

loca-neo.hatenablog.com

楽しめなくなっていますが、次の戦隊も楽しめないんじゃないかと「魔」の文字を見た瞬間によぎったのです。

 

このところの傾向としては一年おきに楽しめるスーパー戦隊がやってきてはいるので、『リュウソウジャー』がダメだったということは、次の『キラメイジャー』は楽しめるはずなのですが、たまに2年連続ダメということもありました。もちろん2年連続楽しめたということもあったわけですが、「魔」の文字が2連続ダメな気にさせるのです。

 

さらに「キラメイジャー」という名前。「キラ」は「キラキラ」の「キラ」とか「煌めき」の「きら」でしょう。全員メタリックになっているかも知れませんし、もしかしたら宝石の色がついているかも知れません。「キラメイレッド」や「キラメイブルー」ではなく「キラメイルビー」や「キラメイサファイア」になっているでしょう。

 

ますますプリキュア感が増しますが、問題はその後ろの「メイジャー」部分です。これはたぶん魔法使いを意味する「メイジ」を意味するのではないでしょうか。

 

宝石に魔法だと、完全に『仮面ライダーウィザード』になってしまいます。

『ウィザード』は楽しめたので、必ずしも魔法モチーフになるとダメというわけではありませんが、不安であることは確かです。

全員がバイクに乗る戦隊もいいじゃないか

スーパー戦隊のスタートは『秘密戦隊ゴレンジャー』だったわけですが、ゴレンジャーの皆さんは全員バイクに乗ってました。

でも、近頃のスーパー戦隊の皆さんはバイクに乗ることはほとんどありません。乗っても全員ってことはありません。サイドカーを使用するヒーローにいたっては皆無です。

 

子供の頃『ゴレンジャー』のサイドカー込みの横並びで走る姿にときめいたものです。だいたいバイクが横並びで走ったらダメですから、今やると怒られるのかも知れませんが、公道じゃなきゃ良いだろうと思うので、ぜひこれを復活させて欲しいです。サイドカーもね。

 

あと意外に「キラ」の部分が「killer」だったりして、悪の魔法使いを退治する戦隊だったりはしませんかね?ヒーローの名前に「killer」はないか。

 

ということで、メカニカルな外見だけど、魔法を使って、バイクを乗り回すそういう戦隊だと予想します。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング