大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

映画『マン・オブ・スティール』感想

こんばんは、ろけねおです!

 

以前、映画館で見たのですが内容を全然思い出せなかったのでまた観ました。

最近アメリカのヒーローと言えばMarvelばかりですが、こっちもカッコいいですね。 

 

アメリカのヒーローは、なぜかルックスがイマイチ(あくまで個人的な意見ですが)なことが多いのですが、スーパーマンもそうです。

 

映画で動いているのを見ている分にはそんなに気にならないんですが、冷静にその姿を見てみると

やっぱり赤いブリーフがなんともカッコ悪いです。宇宙人なのに、胸のマークが「S」というのもダサいです。

 

いくつかスーパーマンが作られてきて、このコスチュームに手を入れたらスーパーマンでなくなるということなのか、頑なに守られてきたのですが、この映画『マン・オブ・スティール』はついに赤のブリーフを辞めたことでかなりカッコよさがずいぶん増してます。

色も少し暗めの青になったことでずいぶん落ち着いた印象になっています。

 

主人公のデザインがカッコよければ、あとはもう問題なく楽しめるはずです。すっかり忘れてしまっていたので、新鮮な気持ちで映画を観ました。

昔見た1と2をあわせた話

ストーリーはなんでスーパーマンが地球にやってきたのか、そしてそのスーパーマンを追って悪い奴がやってきて大暴れするのを食い止めるという感じで、ボクが子供の頃に観たクリストファー・リーブさんのスーパーマンの

1と

2の話を足して2で割ったような内容になっています。

 

以前に観たものよりもはるかに異星人が地球人として生きていく大変さが丁寧に描かれています。子供の頃スーパーマンを観たときは、空を飛び、頑丈でパワフルで時間を戻したり、池ごと凍らせたりして、凄いな〜と単純にスーパーマンに憧れてしまっていたんですが『マン・オブ・スティール』を観ると、普通の人間で良かったなと思わせます。

 

それはボクが大人になったということもあるのでしょうが、きっと子供が観たって自分もスーパーマンのような能力を得たところで、スーパーマンのように生きられず、普通に悪人になってしまいそうで怖いと思うのではないかというくらい、苦労する姿が描かれています。

 

宇宙から来たスーパーヒーローが悪人をバッタバッタとなぎ倒す爽快なヒーロー映画かと思ったら、全然違ってました。

親が立派な人で良かった

スーパーマンがラッキーだったのは、赤ちゃんのスーパーマンを拾ったのがものすごくちゃんとした人だったことです。

 

もしもスーパーマンであることが知れ渡ったら、政府に連れて行かれて人体実験をされたり、見世物にされたり、生きづらくなることを想像して子供の頃から何度も何度も普通の子供として生きることを説きます。

 

それは時に友達を命を救うために、そのスーパーパワーを使ってしまったときでさえ、その父親はその力を使っちゃっダメだと諌めるのです。

 

子供のなのでなんでやねんとなるのですが、父親がちゃんと上手に諌めるので、父親を悲しませてはいけない、と普通の地球の子供として生きていくのです。

 

それはたとえ父親自身の命に関わるような事故ですら、これが自分の運命であると受け入れて、スーパーマンが救おうとするのを止めて、静かに死んでいくのです。

 

自分の子供でもないのに、自分の子供のように育て、自分の命さえも子供の未来のために投げ出す。ボクには子供がいないのでこのような気持ちが理解できません。しかし、ボクはこのシーンに猛烈に感動しました。

 

ほとんどの父親はこの気持ちに共感できるとしたら、自分の父親もきっとボクに対してこんな気持でいたのかも知れないと思うと、ボクはそんな父親の期待に応えることは出来たのだろうかなどと、父親への思いが溢れてきました。

 

母親もまた、強い女性でした。やはり息子であるスーパーマンのことを第一に考える人でした。

 

両親はスーパーマンに地求人として生きてほしいと願っていましたが、結局はスーパーマンはスーパーマンとしての生き方を選んでしまいます。

 

スーパーマンという荒唐無稽な話の中に、どこにでもある普通の親と子の物語が差し込まれているのが、良かったです。これはおっさんになってから観たから感じたことで、このタイミングで観られたことはラッキーだったと思えました。

新聞社に就職

世界の情報が手に入るということで、おとなになったスーパーマンは新聞社に就職します。デイリープラネットという新聞社どういう新聞社なのかはわかりませんが、警察官になったほうがもっとスーパーマンに必要な情報が入りそうな気がしました。

 

たぶん、単純に好きな女の子の近くにいたかっただけなんじゃないかと。しかも好きな女の子は異常に好奇心が旺盛でヤバいところにどんどん首を突っ込んでしまうタイプなので、近くにいないと命がいくつあっても足りません。

 

そんな女性のことを好きになってしまうなんて、運命です。世界最強の男でなければ女性を守りきれませんからね。

 

この作品の続編という感じのバットマンと闘うやつ、

話がややこしくなる原因みたいなものを作ったのがこの女性だったりするから、困ったもんです。

 

いくら宇宙人とは言え、好きになったもんは仕方がないという感じで、星が違っても愛は同じなんです。

 

 ということで、ヒーロー物を爽快感を求めて観ると、しんどくなるという話でした。

 

これはこれですごく楽しめはしたのですが、やっぱり仮面ライダーやらスーパー戦隊のようにハッピーエンドで終わるほうが好きです。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング