大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード2「リーダーの証明」感想

キラメイチェンジ!

こんばんは、ろけねおです。

 

エピソードZEROを観たときから危惧していたことがさっそくエピソード2で起こりました。

 

つまり、全員揃わないという事件です。

 

そりゃそうです。全員片手間で戦隊活動をやっているわけですから、本業が忙しくなれば戦隊活動に支障が出るのは当たり前です。それなのにマブシーナは5人一緒になって戦わねばならないと宣います。

パーマン的コピーロボット

そこで充瑠が想像力を活かしまして、パーマンでいうところのコピーロボットのような

「代役ン」なるものを作り出します。

代役ン

出典:魔進戦隊キラメイジャー公式サイト

※瀬奈が手に持っているのが、代役ン

これで一件落着。今後もメンバーが忙しいときは「代役ン」が頑張れば良い。場合によっては5人とも「代役ン」の時が来るかも知れませんが、5人が揃わなければキラメイジャーとしての力が発揮できないというのなら、仕方がない。

 

ところが、この「代役ン」は姿こそコピーはすれど、能力まではコピーが出来ないので残念ながら代役にすらなれないのでした。

 

コピーロボットよりも使えず、代役にもなれないのに「代役ン」とはこりゃ如何に。

 

ここで充瑠の想像力の弱点が露呈したのです。表面的なものしか想像できないということです。メンバーの姿をした何かであるなら5人揃ったことにはならないのがわかってなかったから、姿をコピーするだけの使えない「代役ン」を生み出してしまったのです。

 

これも今後出てくるなら都合よく使えるようにはなるのかも知れませんが・・・。

ゴレンジャー的怪人

エピソード2にして漸く人サイズの敵が出てきました。

ラグビー邪面

出典:魔進戦隊キラメイジャー公式サイト

ラグビーという若干旬を過ぎてしまったものをモチーフにしているのもいいし、何よりこのこの怪人のデザインと名前。どう考えてもゴレンジャーの敵、黒十字軍の仮面怪人をモチーフにしていることでしょう。

大きいお友達には懐かしく、小さいお友達には新しい怪人に見えるのではないでしょうか。

 

今後、何邪面が出てくるのかが楽しみになりました。

 

それともなんかゴレンジャーとのつながりが後々出てきたりするんでしょうかね?いや、むしろキラメイジャーはゴレンジャーのリメイクという側面もあるのかも知れません。

 

ピンクの魔進はプロペラ機なのもそうなのかも。

涙が素材になる

代役ンを作るにあたって、マブシーナの涙を使いました。

ブルーダイヤ

出典:魔進戦隊キラメイジャー公式サイト

マブシーナの涙はブルーダイヤというんだそうです。 

 

ダイヤというくらいですから、売るといい値段になるはず。CARATはキラメイジャーの支援のための博多南無鈴が作った組織なんだそうですが、この組織の運営資金はこれなんじゃないでしょうか。

 

ずっと昔に、博多南がクリスタリアの王様と友達ということで、王様から死ぬほどこのブルーダイヤをもらってこの組織を作ったのではないでしょうか。

 

そのためにどうやって涙を出してもらったかと言えば、

これでしょうね。きっとオラディン王は人生で最も笑ったんじゃないでしょうか。

 

闘う組織とは思えないレジャー感たっぷりの基地を作ってしまうセンスには驚かされますが、

ココナッツタワー

出典:魔進戦隊キラメイジャー公式サイト

資金は豊富にあるので無駄に派手にしちゃったんでしょうね。

 

キラメイジャーの面々もその道のプロという感じですから、お金には困ってないでしょうから、かつてないくらい余裕のあるスーパー戦隊ではないかと思います。

 

おそらく現在高校生である充瑠の絵もガツンと売れることになるでしょうから、金持ち戦隊です。ヨドン軍との闘いは金持ちの道楽に観えてしまうことでしょう。

 

それでも結果的に地球を護れるなら、良いと思います。金持ちよ、立ち上がれ。

 

それではまた。

See you next time!


特撮ランキング