大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第3話 感想

リュウソウチェンジ!

もうこんばんはかな?〇〇の騎士!リュウソウろけねお!です。

〇〇の中にはそれぞれが思い描く感じ二文字を入れて楽しんで下さい。

 

今週も実に楽しかった『リュウソウジャー』。もうちょっと緑と黒と合流するのは先かと思っていたら意外に早くもう合流しましたが、まだ仲間にはなっておりません。実は『リュウソウジャー』を見出したタイミングで再び『獣電戦隊キョウリュウジャー』を最初から10話くらいまで見返しました。

『キョウリュウジャー』は当初は3人からスタートして、緑→黒の順番に仲間入りする感じ(厳密には最初から揃っているのですが、個々の事情から最初は正体を明かさない状態からスタートしました)なんですが、第4話でやっと5人揃って名乗りをしました。

 

今の感じだと『リュウソウジャー』が5人揃って名乗るのは『キョウリュウジャー』よりも、先になりそうですね。

生みの親の人間を殺せばマイナソーは消滅する

自然発生するマイナソーと違い、人から生み出されるマイナソーは、その人の生命エネルギーを吸い込んで大きくなり、完全体になると破壊の限りを尽くすんだそうです。

マイナソー完全体

出典:騎士竜戦隊リュウソウジャー公式サイト

第1話に出てきたマイナソー完全体はまさに破壊の限りを尽くしてました。

 

そうなる前にマイナソーをやっつけてしまうしかないんだろうな〜と思ったら、生みの親である人間を殺してしまえば、マイナソーは消滅するのだというのです。

 

マイナスな感情は悪人よりも善人のほうがいっぱいあるように思います。申し訳ない気持ちで悪事を働く人はあんまりいないでしょうし。

 

ということは、生みの親に選ばれるのは善人となります。

 

今回のマイナソーの生みの親はリュウソウジャーの面々がお世話になってる家の娘で、ユーチューバーのういでした。

うい

出典:騎士竜戦隊リュウソウジャー公式サイト

父親思いの心優しき人のようですから、良いマイナソーが生まれちゃったんでしょうね。

1人の犠牲で大勢を助ける話

そこで完全体になる前にマイナソーをやっつけないといけませんが、マイナソーはどんどん大きく育つのです。そこで今回合流したはぐれリュウソウジャーの黒と緑の兄弟は、ういを始末しようとするのです。

バンバを止めるコウ

出典:騎士竜戦隊リュウソウジャー東映公式サイト

一人の犠牲で多くの人が助かるんだから、迷わず殺せるがな、と黒のバンバはいうわけです。顔色ひとつ変えずに善良なる人をぶち殺そうとするのです。

 

これはよくある話ですね。

 

実際はそうなのかも知れませんが、スーパー戦隊は、スーパーヒーローはそういうワケには行きません。犠牲者0がヒーローの役目です。

 

ういはワシの友達じゃい、とばかり赤のコウがバンバを止めます。なんでわしの友達を手に掛けにゃならんのじゃい、マイナソーのボケ、イテもうたらエエんちゃうんかいと対立します。

緑と黒には騎士竜がいない

黒と緑が生みの親を殺してしまえというクール過ぎる態度の理由は、彼らには騎士竜がいないからだったのです。人間サイズでの戦闘のスキルは、赤、青、ピンクの3人より上のようですが、マイナソーが人よりもデカくなった時に、手の打ちようが生みの親殺ししかなかったのです。

 

それでも赤、青、ピンクは人間サイズでデカくなったマイナソーに挑んでましたけどね。

 

チャチャっと倒さないとドンドン大きくなるので、人間サイズで四苦八苦するより、生みの親を殺してしまうほうが効率が良いのです。こりゃこれまで何人か殺めてるかもしれませんな。

 

そこで赤、青、ピンクは騎士竜を呼んで、見事マイナソーを粉砕します。

 

これで何の問題もなく5人揃ってとなるのかと思ったらそうもいかないのです。自分たちより鈍臭い連中と一緒に戦うのは足手まといということで、黒と緑の兄弟は3人から距離を取るのでした。

 

赤・青・ピンクの騎士竜はずいぶんあっさり見つかったのに、黒・緑の騎士竜は見つかってないということはよほどややこしい事情があるのだろうと思いますが、どうも来週の予告を見ると緑の騎士竜が出てきそうなので、赤・青・ピンクが絡むとカンタンに見つけられるのかも知れませんね。

 

早く5人揃って名乗って欲しいです。

 

それではまた。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

 

追記

こちらは本日4月7日の放送前に書いたもので、アップし損ねただけです。ご了承下さい。