大事なことは特撮から教わった

仮面ライダーとスーパー戦隊と牙狼が好きなオッサンのブログです

2019年はありがとうございました。2020年もよろしくお願いします。

変身!こんばんは、ろけねおです。

 

結局『ゼロワン』の感想を書ききれずに大晦日を迎えてしまいました。

 

更新頻度が極端に少なくなってしまいましたが、2020年も変わらず特撮について書いていきますので、どうかひとつよろしくお願い致します。

 

今年は『ゼロワン』がムチャクチャ僕好みのライダーで、本当に良かったです。令和になって、いきなり馴染めないライダーだったら、それこそもうライダーは卒業しなきゃいけないのかな、なんて考え始めていたかも知れません。

 

ところがライダーのデザインは格好良いし、女性キャストは可愛いし、ストーリーは面白いし、言うことなしです。

 

また『牙狼』は今年は映画がありましたね。

loca-neo.hatenablog.com

最高でした。

 

冴島家シリーズが動き出しまして、本当に嬉しい限りです。今後どういう展開が待っているのかわかりませんけども、せめて鋼牙とカオルが冴島家に帰ってくるところまでは描いて欲しいです。

 

そしてスーパー戦隊は『リュウソウジャー』でしたが、こちらはハマれませんでしたね。

 

最初はちょっと面白くなりそうな予感がしたのですが、女性キャスト、ストーリー、主人公の赤の人のキャラクターがいずれも僕好みではなかったです。

 

追加戦士は良かったんですが、それだけではどうにもならないほど、女性キャストのガッカリが強かったです。

 

また、来年は『魔進戦隊キラメイジャー』ですが、

www.tv-asahi.co.jp

キラメイジャーとタッグを組む魔進は意志をもっています。ヒーローと魔進のちょっぴりコミカルなやり取りや、気持ちを一つにして敵に立ち向かう姿も見どころの一つ!

意志を持つ乗り物と言いますと『炎神戦隊ゴーオンジャー』を思い出します。

女性キャストがバツグンだったので、なんとか最後まで楽しめましたが、男性陣のキャラクターは過去最悪(赤、青、緑、黒の4人が全員嫌い)でした。

 

そんなトラウマがあるので、『キラメイジャー』ではそれを払拭して欲しいです。

 

そして特撮映画も今年もたくさん観ました。まだ感想を書いてないのもあったりしてますが、映画を手軽観られる環境がずいぶんと整ってきまして、嬉しい限りです。マーベル・コミックのほうは映画館で観てるので良いんですが、DCコミックスのほうは映画館でほとんど観てません。なので、これから家でAmazonPrimeだったりNetflixだったりで観られたら良いな〜と思っております。

 

1月5日の2020年最初の『ゼロワン』の放送までにはそれまでの感想をアップいたしますので、その時はよろしくお願い致します。

 

それでは良いお年を。

See you next time!


特撮ランキング